ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い友達(知り合い), 怖い彼氏/彼女

衝撃的な陰謀

元彼、元カノなどの嫌がらせにまつわる怖い話

元彼、元カノなどの嫌がらせにまつわる怖い話

彼氏と私は、大学生のころからの付き合いで、交際4年目。
彼氏は在学当時からずっと私にプロポーズをしてくれていました。
私はもともとあまり結婚願望がなかったのですが、4年間彼氏の誠実さと一途さ、情の深さを身近で見続け、しだいに

『この人となら』

と思うようになっていきました。
もともとの性格の違いから喧嘩も多かったけど、彼氏はいつでも私を好きでいてくれました。
本当に幸せな4年間でした。

そんなこんなでその年のクリスマス、彼氏はいつものように私にプロポーズをしました。
「いつものように」というのは、彼氏は私と付き合い出してからずっと、お互いの誕生日やクリスマスなどのイベントがある日には、決まって「結婚しような」という言葉を添えてくれていたから。

その年のクリスマスも同じでした。
あ、ちなみに当時は、私も彼氏も25歳でした。

「もう聞き飽きたと思うけど、結婚しよう。愛してる。これからもずっと愛してる。一生かけて守ります」

彼氏のプロポーズはいつも同じ台詞でした。
4年間、何度も何度も聞いた台詞です。

聞くたびにその言葉の重さが重くなっていくように感じていました。
結局、そのときのプロポーズはいつものように笑って流したのですが、私は心ひそかに

『彼氏が次にプロポーズをしてくれたときは、受け入れよう!』

と決めました。
またプロポーズしてくれるって疑ってなかったんですね。
今思うとちょっと馬鹿みたいですが、それだけ自分たちの愛情を信じきっていました。

そして、クリスマスのプロポーズから数ヶ月後のことです。
それは突然やってきました。

ある日の朝、いつものように仕事に出ようと一人暮らしのアパートの部屋を出ると、ドアの取っ手の部分に覚えのない白いビニール袋がぶらさがっていました。

『回覧板?いや、そんなもの一度も回ってきたことないし…。大家さんから届けものかな?いやいや…』

何せ初めてのことだったので不気味に思いましたが、とりあえず中を確認しないことには対処のしようがありません。
そっとビニール袋を取り上げ、手元に持ってきた瞬間、鼻をつく強烈な悪臭が…

腐った水のような、それでいてどこか生臭いような臭いでした。恐る恐るビニールの持ち手の結び目を解くと、その臭いはより強力になり、目に涙が浮かぶのがわかりました。
それでもなんとか中身を確認しようと袋を覗いた私の目に飛び込んできたのは、小さめの赤黒い物体。
ぐちゃぐちゃにつぶされた動物の死骸でした。

あまりよく見なかったのではっきりとはわからないのですが、おそらくネズミか何かだったと思います。
袋の側面にこびりついた汚れがその動物の目玉であると認識した瞬間、私は悲鳴をあげてその袋をほうり捨ててしまいました。

始末しなければとは思ったのですが、そのときは恐怖でまともに打ち捨てられた。
その袋を見ることが出来ず、そのまま逃げるようにして会社へ向かいました。

どうやって会社に行ったのか思い出せません。
会社へつくと、私の顔を見た人は皆

「どうしたの?」

と聞いてきました。
ひどい顔色だったようです。

実際、その日は仕事にならず、生きた心地がしませんでした。
パソコンの画面を眺めているときも、お昼ごはんを食べているときも、同僚と仕事の話をしているときも、常に頭の中では今朝見たぐちゃぐちゃの動物の死骸と、

『なんで私に?誰が?どうして?』

という言葉がぐるぐる回っていました。
休み時間、たえきれず彼氏に電話でその話をしました。
動揺しまくっている私の話を聞いた彼はとても心配し、帰り道は迎えにきてくれました。

アパートに着くと、ビニール袋は今朝私が捨てたままの形でそこにあり、結局、その死骸は彼が埋めてくれて、その日は彼と一緒に眠りました。
心当たりはないけれど、誰かの恨みを買ったのかもしれないと怯える私を、彼氏は辛抱強く慰めてくれました。

「もう大丈夫だよ」
「俺が守るから」

と何度も繰り返し、その言葉を聞いて、私もようやく眠りにつくことができたのです。
そしてその日から、正体不明の嫌がらせはどんどんエスカレートしていきました。

毎日のように郵便受けに届けられる『死ね』とだけ書かれた手紙、きっちり3日置きにドアにぶらさがっている動物の死骸入りのビニール袋、1日100件を超える非通知電話。
非通知電話を着信拒否すると、今度は夜中に部屋の前にやってくるようになりました。

毎晩深夜2時にやってきて、きっちり10分間、チャイムを押したり、ドアをたたき続けたり、体当たり?をしたり。
怖くて怖くて、ドアを開けて直接犯人と対峙することなんてとても出来ませんでした。

はい、チキンです。
ごめんなさい。

しばらくは彼氏や友達の家に避難したり、逆に彼氏に泊まりにきてもらったりして過ごしました。
とにかく1人でいることが怖くてたまりませんでした。

どこにいても誰かに見られているような気がしたし、誰と話していても誰かに聞かれているような気がしました。
そんな私を彼氏は必死で支えてくれて、出来るだけ一緒にいる時間を作ってくれていました。

そしていつものように友達の家に避難していたある日のことです。
最も恐れていたことが起きてしまいました。

『そいつ』は、友達の家にもやってきたのです。
深夜2時ちょうどに鳴りだしたチャイムは、最初はゆっくり、だんだんと激しく、最後には狂ったように鳴り続け、そしてぴったり10分後、嘘のように大人しくなりました。

その10分間は私も友達も一言も喋らず、ただ黙って入口のドアを見続けていました。
私は限界に近づいていました。

死にそうなほどの恐怖を感じていましたが、ここに至ってようやく、激しい怒りも覚えるようになっていました。
迷惑をかけた友達や彼氏に申し訳なく、また、私ばかりでなく周りの人にまで危害を与えた犯人が憎くてたまりませんでした。

嫌がらせを受けるようになってからずっと、私はこれまでの自分の行いを必死で思い返していたのですが、どれだけ考えても、これほど陰湿で激しい嫌がらせを受ける原因に思い当たらず、またたとえ自分の気付かないうちに原因を作っていたのだとしても、その報復にこんな陰湿な手を使う知り合いなど心当たりがありませんでした。

思い詰めた私はどんどんやつれていき、結果として彼氏や友達にもさらに心配をかけてしまうことになりました。
完全に悪循環にはまってしまっていたのです。

ちょうどその頃、大学の同級生であるYと久々に会う機会がありました。
彼は私のやつれように驚き(ストレスと疲労で、この頃は正直人相が変わっていたと思います)、何があったのかと私に尋ねました。
Yは彼氏の友達でもあり、信頼の置ける仲だったので、私はこれまでのことをすべて吐き出しました。

ある日突然、前触れもなく始まった陰湿な嫌がらせの数々。
仕事を切り詰め、寝る時間を犠牲にしてまで一緒についていてくれる彼氏への感謝、心配してくれたのに迷惑をかけてしまった友達への罪悪感、原因も、犯人の正体もまったくわからないことへの恐怖、まともに生活を送れない不安、犯人への怒り…。

話していくうちに泣きそうになってしまい、さぞや聞き苦しい説明だったと思うのですが、Yは質問を挟みながら辛抱強く付き合ってくれました。
そしてなんとか最後まで話しきり、

「自分のためにも周りの人のためにも、いいかげんどうにかしたい。ただ、犯人の見当や目的がわからないうちから直接対決するのは正直怖いし余計こじれてしまいそう。とにかく、まずは犯人の目的が知りたい」

と言いました。
実際、少し冷静になって考えてみると、この嫌がらせには不審な点がいくつかあるのです。

私は最近携帯を買い換え、それに伴って電話帳の整理をしたので、私の番号を知っているのは仕事関係の人たちか、比較的少数の友人たち、親族のみ。
それなのに犯人は私の連絡先を知っていました。

しかし、新しい番号を知っている人たちの中に、直接怪しいと思える人はいません。
毎日のように深夜私の部屋までやってきて、嫌がらせをするほど暇な人はいないはずです。

ということは、犯人は私のごく近しい人から私の情報を引き出せる人、という可能性が出てきます。
さらに、ここまできても犯人の目的がわからないのも謎でした。

『私に要求や恨みがあるのなら、そして私を屈服させたり過去を後悔させたいのなら、これまでの嫌がらせの中でそのヒントとなるようなものがあってもいいのではないか?』

と思いました。
そしてさらに、決定的だったのはあの友達の家で起きた一件でした。

犯人がわからず、疑心暗鬼に陥っていた私は、万一友達に危害が及ぶのを恐れて、その日その友達の家に行くことを誰にも話しませんでした。
彼氏にすら、どの友達かは教えない(電話機の盗聴も疑っていたので)でいたのです。

それなのにその日、犯人はやってきてしまいました。
ということは、犯人は私を会社から尾行していたか、盗聴して知った『私の友達』というキーワードから、どの友達か見当がつくほど私の情報を持っているということです。

そして私は、前者の尾行は可能性として低いと考えていました。
もし会社から尾行していた=私の会社を知っていたなら、何らかの形で会社での私の立場を悪くするようアクションを起こしていそうなものですが、これまでのところ会社での仕事に影響が出るようなことは起きていません。

ということはつまり、犯人は私の会社を知らないか、知っていたとしても会社に直接アクションを起こしたくないあるいは起こせない…?
いろいろと不可解な点は多いですが、だいたいそのような感じで推測しました(ちなみに実際はこの時点でこんなに考えがまとまっていたわけではありませんwYの協力と誘導で、自分の中の疑問を徐々に整理していった感じです)。
私の話を聞いたあと、Yはじっと考えていましたが、しばらくすると顔を上げて一言

「わかった」

と言いました。
何が『わかった』なのかわからず、困惑していると、Yは

「また連絡するから。今日俺に会ったことは絶対に誰にも言うな」

とだけ言って席を立ちました。
私は何が何だかわからず、呆然とYの後ろ姿を見送りました。

そして、その日から3日と待たず、およそ2ヶ月にわたった嫌がらせがぴたりとやみました。
始まりも突然なら終わりもまた突然でした。
彼氏は手放しに喜び、

「辛かったな」

と私を抱きしめ、まだ不安そうな顔をしている私に

「また何があっても俺が守るから」

と言ってくれました。
実は始めのうち、私は彼氏の浮気を疑っていたのです。

この嫌がらせは、彼氏の浮気相手が彼女である私を逆恨みしてやっているのだろうと。
私は彼氏に裏切られたのかもしれないと。

しかし、嫌がらせの中で彼氏との別れを要求するような内容のものはありませんでしたし、何よりこの2ヶ月間、彼氏は怯える私のために必死で仕事を早く終わらせ、毎日のように私といる時間を作って、なかなか寝付けない私が寝るまで優しい言葉をかけてくれました。

彼氏の抱える疲労とストレスも、私に負けず劣らず重いものだったはずです。
辛い2ヶ月ではありましたが、私たちは別れるどころか、より愛情と信頼を深めたように思えました。
実際この頃には、私は彼氏と早く結婚したいとまで思うようになっていたのです。

嫌がらせがやんでから1週間、Yから連絡がきました。
実はこの1週間、Yに連絡をとろうと(このタイミングで嫌がらせがやんだのは、Yが関係しているだろうと思ったので)していたのですが、何度電話やメールをしても、Yには繋がりませんでした。
久しぶりに連絡をくれたYは、開口一番

「この前話した件で話がある。明日の○時に~~へ来てくれ」

と言いました。
それ以外はなんの説明もなく、私は突然のことに少々驚いてしまったのですが、嫌がらせの件と言われれば行くしかありません。

次の日、仕事を終えた私はYに指定されたお店へ向かいました。
先に着いていたYの隣にら、若い女の子が座っていました。

私よりも少し年下でしょう。
私は咄嗟に

『この子が犯人なんだ』

と思い、記憶を探ってみたのですが、どう考えても見たことがない子です。
その子は泣いていたようで、お化粧が落ちてどろどろになっていました。
それでも紛うことのない美人さんです。

『何でこんな子が…』

と私は余計に混乱してしまいました。
Yは私が席につくと、私が何も言わないうちからがばっと頭を下げ、

「すまん!!」

と叫びました。
周りの客が振り向くのも構わず、頭を下げ続けるY。

そんなYを見て泣き出す女の子。
わけがわからずひたすら

「いや、顔あげてください」

とわたわたするだけの私。
Yがなかなか顔を上げてくれないので、困ってしまい女の子のほうを見ると、(このとき初めてまともに目が合いました)女の子が

「こっち見るんじゃねーよ!」

と泣きながら叫び、テーブルに身を乗り出して私の髪を掴んで引っ張りました。

「誰のせいでお兄ちゃんが頭下げてると思ってんのよ!!」

わめきながら私の顔を引っかこうとする女の子。
Yが慌てて

「お前のせいだろ!!やめろ!」

と私から女の子を引き剥がしてくれましたが、マニキュアで加工された長い爪で力一杯引っ掛かれた私の顔からは、だらだらと血が流れていました。
痛いという感覚もあるにはあったのですが、それよりも今目の前で起こっている出来事が現実のこととは思えず、そして何よりそんな出来事に自分も巻き込まれていることが信じられず、私は呆然としていました。

取り押さえられた女の子はなおも叫び続け、テーブルに置いてあったコップやらフォークやらナイフやらを投げつけてきます。
店員が不安そうに、でも忌々しそうにこちらのテーブルの様子を伺っているのがわかりました。

こんな状況に置かれていることが怖くて情けなくて悲しくて、思わず泣けてきましたがなんとかこらえました。
しばらく泣き叫んだあと、女の子は力が抜けたように大人しくなり、茫然とした顔をしていました。

Yが改めて私のほうに向き合い、説明を始めました。
まず、この女の子はI子といい、Yの妹であること。
事の発端は嫌がらせが始まるはるか前、1年前にYが彼氏に、妹としてI子を紹介したことから始まっていたのです。

彼氏はI子と浮気をしていました。
私という彼女がいること、将来結婚したいと考えていることを話した上での関係だったそうです。彼氏と付き合い始めた当初はI子にも彼氏がおり、お互い割り切った関係だったのだそう。

しかし、彼氏とも別れ、フリーになったI子は次第に彼氏に本気になっていきました。
一方彼氏のほうは天然なのか牽制のつもりなのか、I子に対して頻繁に私とのことを相談していたそうで、I子は彼氏が私に何度もプロポーズをしていることも、私が彼氏のプロポーズを笑ってかわしていることも知っていました。

そしていつものように秘密の逢瀬をしていたある日、彼氏はI子にあるお願いを切り出します。
曰く、『俺のプロポーズに協力してほしい』と。

私に対する嫌がらせは、彼氏からの提案から始まったことでした。
彼氏のことが好きで、でも彼氏に自分だけが本気になってしまったことを知られたくないI子は、私への嫉妬に燃えながら私への嫌がらせを始めたそうです。

私のアパートの場所を教えたのも、私の新しい携帯電話の番号を教えたのも、私が友達の家へ避難していることを教えたのも、すべて彼氏でした。
呆れたのは、私がどの友達の家へ避難しているかわからなかった彼氏は、いくつか目星をつけてI子に教え、『当たり』を見つけるまで私の友達の家をまわらせたということ。

深夜に、知らない道を、若い女の子1人で。
『2時に間に合わせろよ』と注文までつけて。

Yからの説明が終わっても、私は何も言葉を発することが出来ませんでした。
深夜に鳴るチャイムに怯える私のために、よく泊まりにきてくれた彼氏。

彼は車で来るので、チャイムを鳴らしに来たI子も、自分が脅しているその部屋に、彼氏がいたことには気付いていたはずです。
白々しく私を抱きしめ慰める彼氏を思い、I子はどんな気持ちでドアを叩いていたのでしょう。

私は哀れでなりませんでした。
こんな酷いことをされながら、まだ私への嫉妬で私を睨み付けてくる目の前の女の子も、黒幕である男に縋って支えられて、あまつさえまんまと策略にひっかかり、結婚まで考えていた自分も。
黙りこくる私に、一度は大人しくなったI子がまた叫びだしました。

「あんたのせいで」
「あんたがいなければ…」

私はまた顔なり手なりを力一杯引っ掛かれたのですが、やっぱり痛みは感じませんでした。
主役不在のまま、人生初の私の修羅場は過ぎていきました。
彼氏が憎かった。

私は結局何も言わないまま、その場をあとにしました。
I子はまだ泣いていて、Yはひたすら謝っていました。
その帰り道、私は彼氏に電話をして、次の日に会う約束を取り付けました。

「大事な話があるの」

と、明るい声で言ったせいか、彼氏は何か都合のいい勘違いをしたようです。
それでもいいやと思いました。
もうどうだっていいや。
そんな感じでした。

そして次の日、彼氏を呼び出したレストランで、私は彼氏にプロポーズをされました。
この4年間、もう何度も聞いたあの台詞です。

「結婚しよう。愛してる。これからもずっと、お前を愛してる。俺がお前を一生守るから」

彼氏を愛していました。
彼氏も私を愛してくれていて、いつかは2人で新しい家庭を作るんだと考えていました。

クリスマスにプロポーズをされたときは、次にプロポーズをされるときこんなことになってるなんて、考えもしなかったのに…
私はにっこり笑ったつもりでしたが、うまく笑えませんでした。

咳をしようと思ったら、口から出たのは泣き声でした。
泣き出した私を彼氏はどう解釈したのか、

「この2ヶ月くらい、お互いに辛かったと思うけど、俺の覚悟はわかってくれたと思う。この先何があっても、俺がお前を守る」

彼氏が言い終わった瞬間、私は彼の顔を思いっきりはたきました。
彼氏が驚いたようすでこちらを見ているのを無視して、私は店を出ました。
店の外には、事前に打ち合わせた通りYがI子を連れて待っていました。

また頭を下げるY。
しょぼくれた顔のI子。
彼氏が私を追い掛けて外に出てきて、私たち3人の顔を見て唖然とし、そしてすべてを悟ったのか急速に青ざめました。

「彼氏さん」

と呼び掛けるI子を無視して彼氏は私に向かい、

「違うんだ」

と叫びだします。

「話を聞いてくれ」
「こいつが勝手にやったことなんだ!」

I子は泣き出し、Yは彼氏に殴りかかります。
彼氏はYに殴られながらも、

「違う」

と狂ったように叫んでいました。
私はその様子を、何をするでもなくただ眺めていました。

私の4年間って、こんなものだったんだ、とだけぼんやりと考えていた気がします。
Yに胸ぐらを掴まれている彼氏に、

「4年間ありがとう。もうあなたの声も聞きたくないです。さよなら」

とだけ言いました。
誰かが何か言った気がしましたが、何も聞かなかったことにしてそのまま1人で帰りました。

涙も出ませんでした。
ただ喪失感だけが私を支配していました。


コメントを残す