ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い彼氏/彼女

メンヘラ彼女の奇怪な発言

メンヘラ女子にまつわる怖い話

メンヘラ女子にまつわる怖い話

私子…29歳・会社員
A男…24歳・私子と同じ会社、同じ大学出身
B子…19歳・A男の彼女・短大生
C子…31歳・私子の高校の先輩

私子とA男は同じ大学卒で先輩として就職相談に乗って以来、仲が良く、部署は違うものの、帰り道も同じ方向で時々一緒に飲みに行くような仲だった。
その頃、A男はB子との関係で悩んでいた。
B子はもうすぐ短大を卒業なのに就職活動もせず

「卒業したらA男と結婚したい。結婚して専業主婦になりたい」

とA男を困らせていた。

「まだ社会に出たてで社会人としての自信ももてず、給料も少ないので専業主婦なんて無理!」

というとB子は泣きながら

「じゃあウチで暮らして親に養ってもらえばいいじゃん!」

と言うらしい。

「ちょっとメンヘラの気があるんじゃない?」

なんて飲みながら喋っていた。
数日後、A男と廊下ですれ違った時、ゲッソリとやつれた青白い顔に気付いた。
私子は

「昼ごはん奢るから」

とA男を呼び出し話を聞いてみた。
ここ数日、B子からの『結婚したい』というプレッシャーが凄く、あまりにも負担に感じ、夕べ電話でそれとなく別れを匂わせたところ、電話の向こうで

「今から死ぬ」

と言いそのまま返事がなくなった。
急いでB子の家に電話をするとB子の妹がでて

「姉がお腹に包丁を突き刺し自殺未遂をして今、救急車で運ばれたところだ」

と言われ、急いで病院へ駆けつけた。
そこで、B子両親から

「娘を捨てるのか」

と泣きながらなじられたらしい。
私子はあまりにも落ち込んでいるA男が可哀想で、日曜日に友達と行く予定のBBQに誘ってみた。

当日、A男はC子にほとんど一目ぼれだったらしい。
C子は26歳の時、婚約者に裏切られ(他の女を孕ませたので別れて欲しいといわれた)た過去があるけれど、性格は良い子だった。
翌日、A男から飲みに誘われた席で

「B子とちゃんと別れてからC子に付き合いを申し込みたい」

と真面目な顔で言われ、『B子のことをちゃんとケリつけること』と『年齢差をちゃんと最初から理解しておく』ことを確認し、

「応援するよ」

と言った。

「ただ、別れるのならB子みたいな子は二人っきりで話すより、ファミレスや喫茶店で大勢の前で話をしたほうがいいよ」

とアドバイスした。
しばらくしてA男から『B子と別れた』というメールがきた。

翌日飲みに行って詳細を聞いた。
アドバイスどおりファミレスで別れ話をしたところ、B子は意外なほどすんなりOKした。
その代わり

「自分がどういう人に負けたのかを知りたい」

とC子について詳しく聞きたがった。
A男は

「ちょっと年上だけど可愛い人だよ」

程度に言っておいた…とのこと。

「まぁ、そういうことなら後は頑張ってね」

とC子のメアドを渡し、数日後A男とC子は付き合い始めた。
1ヵ月ほど経って、その日も飲みにはいかなかったけど、何となくA男と二人で一緒に駅まで帰っていた。

「C子と上手くいってるの?どういうとこにデートにいくの?」

なんて軽くからかいながら歩いているとコンビニの前に若い女の子がいて、こっちを睨みつけていた。
何だか気持ち悪くてそのまま知らん顔したまま通り過ぎようとすると、隣でA男の呟く声が聞こえた。

「B子…」

B子は

「A男クン。その人なのお?」

と妙に甘ったるい声で話しかけてきた。

「…は?」
「何が?」

私とA男がポカーンとしていると

「そのおばさんがA男クンの新しい彼女なのおぉ?」

と今度はもんすんごい笑顔で聞いてきた。

「え?」
「違っ」

誤解を解こうとするよりも早く、B子が持っていた傘で私に殴りかかってきた。

「ばばあ!クソばばあ!死ね!」

とかそんな言葉を吐きながら、私は瞬間的に傘で目を付かれて失明した大学生のニュースを思い出し、持っていた鞄で顔を庇った。

「死ね!死ね!」

と叫びながらB子は私の頭や肩を傘でガンガン殴ってきた。
A男が

「B子やめろ!」

と叫び後ろからB子を羽交い絞めにした。
すると、B子は『うがー』とか『うごー』とか意味のわからない叫び声を発し、A男の腕に噛み付いた。
それでもA男が腕を放さないと今度はA男の親指の付け根辺りに噛み付いて、A男の腕とB子の服が血まみれになった。

通りすがりの人が、B子を一緒に取り押さえ、警察に電話をしてくれた。
A男は左腕に噛み跡と親指の付け根の辺りの肉を食いちぎられていた。

B子は警察がきてもどこか目が虚ろで時々独り言のようなことを呟いていた。
ちなみに一番怖かったのは、B子が口をもぐもぐさせていたので警察の人が

「君、何食べてるの?」

と聞くと、B子は笑顔で

「ん~。A男の肉」

と答えた事。

『絶対マトモじゃないよこの子…』

と思った…


コメントを残す