ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い店員/先生, 怖い職場/学校の人

生徒たちの復讐

復讐にまつわる怖い話

復讐にまつわる怖い話

ある小学校に、『給食を絶対に残すな!』を標語とする男性教師がいた。
その男は、給食を食べきれない生徒がいると、いつまでも教室に残して、全て食べきるまで食べさせ続けた。

生徒が何を言っても聞く耳を持たず、時には箸で無理やり押し込み、時には牛乳で無理やり流し込んで、とにかく全部食べさせた。
(今の子供には信じられないかもしれないが、2~30年前にはどこの学校にもこういう教師がいた。かくいう俺も、この手の教師に泣かされた記憶がいっぱいある)

それから十数年後。
定年退職した男は、かつての生徒たちから、小学校の同窓会をやるので出席してほしいという手紙を受け取った。

ちょうど退職後で暇を持て余していたので、男はこれに出席することにした。
会場はどこにでもある居酒屋で、生徒のほぼ全員が出席していた。

同窓会は午後6時に始まり、酒を飲んだりつまみを食べたりしながら、とても盛り上がった。
そして2時間ほどが過ぎたころ、かなり酒を飲んだ男は酔っ払い、腹も膨れてきた。

年齢が60を超えていることもあり、男の食べられる量は前と比べて減っていたのも原因だった。
そんなとき、元生徒の一人が男に近づき、唐揚げの入った皿を差し出して、言った。

「さあ先生、次はこれを食べてください」

もう満腹になっていた男は、顔の前で掌を振りながら、

「いや、もう腹いっぱいだ。悪いけど、君たちで食べなさい」
「何を言うんですか。ほら先生、食べてくださいよ」

「いやいや、もう無理だ。せっかくだが、もう食べられないよ」
「…食べてくださいとい言ってるでしょう」

不意に生徒の声が低くなったのを聞き、男はドキリとした。
見ると、生徒の目は、まっすぐに鋭く自分を睨み付けている。

さらに見ると、周囲の生徒たちもいっせいに自分のことを見ていた。
しかも、どこかしら憎しみのこもった眼差しで。
生徒は唐揚げの入った皿を差し出しながら、さらに言った。

「先生、僕たちが給食を食べられないといっても、無理やりに押し込んできましたよね?食べ物を粗末にすると罰が当たる、それが先生の口癖でしたね?ほら、ちゃんと食べないと、罰が当たりますよ。さっさと食べてください」
「だから無理だって…」

「僕たちがいくら無理といっても、先生は聞いてくれませんでしたよね?だから僕たちも、聞く耳持ちませんよ。ほら、さっさと食べてください」
「あー、あの…それは冷凍のから揚げを揚げただけだよね?そんなできあいのもの、魂がこもってないから給食と一緒にされては困るよ」

「給食だってできあいのものでしょう!先生は給食室で、牛ミンチ肉をこねてからハンバーグをつくってるのを見たことあるんですか!」
「いや、もう、本当に無理だよ!」
「はいはい分かりました。それなら、先生のやり方を真似させてもらいます」

そう言うと生徒は、男の口を無理やりこじ開け、唐揚げを押し込み始めた。
男は必死に抵抗したが、他に数名の生徒に体をつかまれ、されるがままになった。

けっきょく男は、吐きそうになりながらも、山盛りのから揚げを全て食べる羽目になった。
唐揚げを食べ終わったのを見ると、生徒はビールのつがれたジョッキを手にした。

「はい先生、喉が乾いたでしょう?ビール飲んでください」
「い、いや、もうダメだ…」

「ははあ、ダメですか。僕たちがそう言ったとき、先生はどんなふうにしたか、覚えていますか?」
「い、いや…」
「こうしたんですよ」

そう言って生徒は、男の鼻をつまみ、口からビールを無理やりに流し込んだ。
いきなり大量のビールが注ぎ込まれ、男は途中で吐き出し、床が汚れてしまった。

「あーあ、吐いちゃいましたね。僕たちが牛乳をちょっとでもこぼしたら、先生はもう一杯、無理やりに飲ませてくれましたよね。先生、もう一杯、ビール飲んでください」

そう言うと生徒は、男の口に再びビールを流し込み始めた。
もう抵抗する力もなかった男は、されるがままにビールを飲まされた。

全て飲み終えると、過度の満腹とアルコールで、もはや朦朧となっていた。
そんな男の目の前に、生徒は何かを差し出した。

「さあ先生、キムチ鍋ですよ。ビールの後の鍋は最高ですよね、遠慮なく食べて下さい」
「うっ、あ、あ…!」

グツグツのキムチ鍋を見て、男は思わず吐きそうになった。

『もう、これ以上は絶対に無理だ。』

そう考えた男は、その場で土下座し、言った。

「すまないみんな、確かに私はやりすぎた。決まりに合わせようとするあまり、みんなの体調や気持ちも考えずに、無理強いしすぎた。あのときの私は本当に馬鹿だった、申し訳なかった。この場で謝る、どうか許してくれ」

男は涙を流しながら、土下座して何度も頭を下げた。
男はプライドが高く、教え子達に頭を下げるのは我慢ならなかったが、それよりとにかく一刻も早く、この場を収めたかった。
それを聞いた生徒が、男に向かって言った。

「先生、僕たちが、もう無理です、食べられません、と泣きながら言ったとき、先生は何をしたか、覚えてますか?」
「え…」
「こうしたんですよ」

そう言うと生徒は、鍋をつかみ、中身を男の口に流し込んだ。
いきなりの熱湯に、男は悲鳴を上げた。

しかし、数人の生徒に体を拘束されていた男は、それを防ぐことができなかった。
男は口の周りや首や腹に大やけどを負い、その場に倒れこんだ。
それを見ながら、生徒は言った。

「先生、この店は何時までやってると思います?朝の5時までですよ。まだあと8時間ありますよ、それまでゆっくり楽しんでくださいね」

そう言うと、周囲の生徒たちは声をあげて笑った。


コメントを残す