ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いママ(友), 怖い隣人/ご近所

元同級生の不倫ブログ

ブログにまつわる怖い話

ブログにまつわる怖い話

転勤で地方から関東に引っ越してきた。
子供が幼稚園に入って間もなく、嫁と一緒に子供を幼稚園まで送って嫁が仲良くなったママ達に紹介されたので挨拶したら、そのうちの一人が俺の高校時代の同級生A子だった。

すごい偶然もあるもんだと驚いたんだが、クラスが一緒だっただけで特別仲良くもないし、それ以降A子と顔を会わせる機会はなかった。
が、今年に入ってのある週末、夕食を食べている最中に突然見知らぬ男性が我が家を訊ねて来た。

「A子の夫です。何故私がここに来たかお解りですよね?」

と言われても、何のことやら全く理解できない。

「一体何の御用でしょうか?」

と聞くと

「それが人の女房に手を出した奴の態度か!」

と怒鳴られた。
突然のことで俺も嫁も全く事態が理解できずにいたら、A子夫が出してきたのは、A子のブログをプリントアウトしたものだった。

「それを読め!」

と言われ目を通すと、それはA子が俺としか思えない男を相手に書いている想像不倫日記だった。
———-
高校時代片思いしていた●君(俺の苗字のイニシャル)と再会した。
転勤で最近引っ越してきたそう。
すごい偶然。
彼は★★大を出て■■に勤めてて~(俺の個人情報垂れ流し)
———-
奥さんが席を外している間に彼から『メルアド教えて』と言われてこっそり交換した
———-
(俺)から毎日メールが来る。
奥さんに内緒で食事に誘われた。
———-
奥さんとはママ友として仲良くしてる。
目の前で自分の旦那が私にHなメール送ってきてるなんて想像もしないんだろうな~
———-
(俺)が奥さんに内緒で平日に有給をとって△△へドライブに連れていってくれた。
××ホテルでランチを食べた後彼がとってくれた部屋へ。
彼の指が私の(以降、妄想小説が延々と続く)
———-

不倫どころか携帯のメルアドさえ交換していない俺は驚くばかり。
しかもA子は地元友達とリンクしているから、高校の同級生の間で

「★★大を出て■■に就職して最近関東に越した人って誰?」

と噂になり、すぐに俺がA子の不倫相手と特定されたらしい。
しかもその頃、A子の日記はどんどんエスカレートして

「彼も私も今の家庭を捨てる覚悟は出来ている」

とまで言い出すから、A子を心配した地元友人が旦那に連絡。
嫁がブログをしていることも知らない旦那、初めて日記を読んで激怒。
A子に

「この日記はなんだ!不倫しているのか!」

問いただすと泣くばかりなので、とにかく不倫していると確信し、俺のところに乗り込んで来た、という経緯だった。
こちらが潔白だといっても怒った旦那は聞いてくれず怒鳴るばかり。
メルアド交換などしていないという証拠に携帯を見せても

「今持ってくる間に消したんだろう!」

と言われて話にならない。
でも、そこで俺を助けてくれたのが嫁。

「失礼だけど奥様の不倫の証拠ってその日記だけでしょう?お互い不倫が本当だと確定できる証拠を集めて数日後に話し合いましょうよ」

と日記のプリントアウトを読んで証拠になりそうなものを全部ピックアップしてくれた。
携帯の通話記録、クレジットカードとETCの明細、俺のタイムカード、日記に書かれているレストランやホテルの予約など。

数日後、今度はファミレスで俺夫婦+A子夫婦が顔あわせ。
タイムカード始め様々な記録を見せ、A子日記で俺が有給をとってホテルに行ったことになっている日も一日会社で働いていた、と説明するとA子旦那は

「じゃあ浮気相手は誰なんだ?」

とA子を問い詰め始めた。
俺と嫁はその時完全にブログは『A子の妄想』と思っていたんだが、なんとその場になってA子は

「…□□さん」

と知らない男性の名前を口に出した。

『一体誰だよ…』

と思ったらA子旦那は顔を真っ青にして

「…兄ちゃんと?」

なんと、A子の浮気相手は旦那の兄だった。
そこからA子は

「だって旦那はいつも帰りが遅いし休日出勤多いし全然家庭のことを考えてくれないからさびしかった、旦那が帰ってこないから遊びに来た義兄と浮気してしまったのは仕方がない」

とぐだぐだと言い訳を開始。

「ではなぜブログで不倫相手の経歴に俺としか思えない物を書いたのか?」

と聞くと

「ウエーン」

と子供みたいに泣きじゃくりながら

「だってお義兄さんは30過ぎてフリーターだから恥ずかしくて…」
「義兄は外で会ってもネカフェばっかりだからお洒落なデートに憧れてて…」

いや、それは恥ずかしいとかいう問題じゃない。
結局俺の無罪は証明されたんだが、ファミレスの入り口で

「本当に申し訳ない」

と頭を下げるご主人が急に一回り小さく見えた。
翌日、ご主人の丁寧な謝罪の手紙と一緒に酒と蟹が届けられた。

その日からA子の子供は幼稚園を欠席し、やがて退園。
A子一家もある日突然引っ越していた。
ママ友達にも全く事情を知らせず、みんな

「急にどうしたのかしら」

と不思議がっていたらしい。
最近、友人の結婚式で地元に帰省したので、同級生にそれとなく聞いてみたところ、どうやらA子はあれから間もなくして離婚を言い渡され、親権もとれずに追い出されたらしい。

一度は実家に戻ってきたが、事情を知ったA子親は実家に住むのを許さない。
隣町のアパートに落ち着き、地元の友人達に連絡をって飲み会を多数開くが酔った勢いで語られる離婚の経緯や、離婚して数ヶ月で男漁りを始める姿に全員ドン引き。

誰にも相手にしてもらえなくなり仕事を見つけて他県に引っ越していった、とのこと。
もう二度とA子とは関わりあいたくないが、あのご主人が幸せに暮らせることは願っている。
そして、A子旦那が乗り込んできた晩、

「不倫が本当なら股の間にぶらさがってる物は切り落として煮込むからね」

と言いながらも、一生懸命色んな記録を調べてくれて、ファミレスの翌日には

「大変だったね。お疲れ様」

と誕生日みたいなご馳走を作って
労ってくれた嫁にはすごく感謝する。


コメントを残す