ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い友達(知り合い), 怖い隣人/ご近所

熊を飼っている家

熊を飼っている家にまつわる怖い話

熊を飼っている家にまつわる怖い話

4歳の時の話。
東北のど田舎暮らしだったのだが、近所で熊を飼っている家があった。
うちは父親に

「肉食の熊はお前くらい簡単に全部食う。草食でも腕の一振りで殴り殺されるからな」

と、えぐく脅されていたので絶対に近付かなかった。
が、近所の子供達で遊んでいる時、最年長のA子が

「熊を見に行こう」

と言い出した。
嫌だと抵抗したが引きずっていかれた。
しかし生垣を絶対に通ろうとしなかったので

「弱虫」

とpgrされ残りの子供達は檻の側へ。
そして、フレンドリーに花かなんかを熊に差し出したA子が突然檻に体当たりした。

響き渡る悲鳴と飛び散る血。
体当たりしたように見えたのは、腕に熊が食いつき、内側に引いたからだった。

他の子達が檻に石を投げてる中、自分は泣きながら隣家(百メートルは離れてる)に助けを求めに行き、A子は保護され狩猟会の人が熊を仕留めた。

結局、A子は片腕を食いちぎられてしまった。
A子はプーさんの大ファンで、親にも

「ほら、あそこにプーさんがいるねー」

などと言われていた。
今で言うスイ~ツ(笑)脳の子供だったようだ。
大惨事→銃殺のコンボも衝撃的ではあったが、先日、当時の話になった際に母が

「A子達がもっと強引だったらあんたを檻の中に突っ込んでたかもね。小さかったから入っただろうし」

と云ってて、ぞっとした。


コメントを残す