ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いお客様, 怖いママ(友)

バイト先の店長のDQNママへの一言

バイト先の店長のDQNママへの一言にまつわるスカっとする話

バイト先の店長のDQNママへの一言にまつわるスカっとする話

当方、飲食店バイト。
こないだ二十台前半くらいの若いお母さんが、四歳くらいの男の子を連れて来店した。

この子供が、注文も取らないうちから店内を走りまわる。
私も一応お母さんに

「危ないですから」

と注意したが、まったく悪びれずに

「ごめんなさーい、うちの子元気だからぁー」

結局、案の定子供は転倒。
子供を助け起こしたりしていると、今まで我関せずだったお母さんが血相変えて走ってきた。



そして子供抱きかかえて、

「こんなちっちゃい子がいるの解ってたでしょ!?何で見ててくれなかったの!大怪我したらどうすんのよ!この店おかしいんじゃないの、店長呼んでよ店長!」

と喚きだした。
裏で休憩してた店長を呼んでくると、店長はお母さんの言い分(↑と同じ)を全部聞いた後、ニコニコしながら

「失礼ですが、小さなお子様を見ているのは保護者であるあなたの役目ではないでしょうか?今回は怪我も無くて済んだようで何よりですが、今後同じようにしてもし大怪我をしたら、痛いのも泣くのもあなたじゃなくて子供さんなんです。本当に子供さんが大事なら、こういう場所ではあまりヤンチャをしないように言い聞かせてあげてはどうですか?」

↑もっと長くて細かかったけど、だいたいこういう内容の事を、口をはさむ余地も無いくらい滑らかに、かつ優しく言ってのけた。
周りのお客さんから

「そーだそーだ、店長が正しい」

と野次も飛び、お母さんは顔真っ赤にして

「二度と来てやんない!」

と子供抱えて出て行った。
私としてもスッキリしたし、周りにいたお客さんも

「店長かっこいー」

と拍手していたが、当の店長(阿部寛似の32歳)は飄々としたもんで、

「来なくて結構コケコッコー」

と呟きながら裏に戻っていった。
ちょっと惚れそうになった。


コメントを残す