ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いストーカー, 怖い職場/学校の人

電波系ストーカー女

電波系ストーカー女にまつわる怖い話

電波系ストーカー女にまつわる怖い話

先日、夜中2時近くに部屋のチャイムが鳴る。
ドアを開けるとパートのA。

会社は同じだが俺は営業所でAは売り場の裏方のパート。
顔を合わせるのなんか半年に一度とか。
仕事上彼女と話す必要もないので、すれ違いざまに

「お疲れさん」

と声をかける程度。
夜中現れた時も一瞬誰だったか考えたくらい。

そんな人の突然の夜中の訪問に『何で???』と頭の中は疑問符で一杯。
事情を聞くと

「助けて!ゴキブリが!」

とそれしか言わない。
だいぶテンパってるなと思ったが、俺の昔の彼女もゴキブリを見ると悲鳴を上げて大騒ぎだったんであまり違和感を感じなかった。

Aの部屋は俺の家から50メートルぐらいだったのには驚いたが、知らない人でもないしゴキブリ退治に行く。
…が、何もいない。

30分ほど探して何も出ないし、Aも落ち着いて床に座って煙草を吸いながら世間話をしているので帰ろうとする。
すると俺の腕にしがみついて

「ゴキブリ怖い!こんな所じゃ眠れない!」

と大騒ぎ。
仕方ないので今夜は俺の家のソファーで寝かせる事にした。

俺寝室へ。
するとAも寝室にきて

「一緒に寝る」

と布団に潜り込もうとする。
蛭子能収を小さくしてどんより暗い目にしたようなA。
ちょっと無理だと思い断固拒否。

「一人じゃ眠れない」

とか騒ぎだすんでベッドの下に布団を引いて寝かせるが、朝起きたらベッドの中に。
断っておくが当然何も無い。
仕事があるんで

「眠い」

とか

「ここに居たい」

とか言ってベッドから出ようとしないAを何とか帰して出社。
普通に1日が過ぎ、何か忙しい夜だったなあ程度にのんびり考えながら帰宅。

五分後にチャイム。
開けるとやっぱりA。

「昨日のお礼がしたくて」

とビールと煮物の入った鍋を持参。
せっかくのお礼を受け取らない理由もないなと部屋に上げる。

この辺りでAの言動がおかしいと思いだす。
まず何より会話が成り立たない(俺の質問に全く別の話題が帰ってくる等)。
ずっと俺の知らない友人の悪口を言っていたり(よくよく聞くとAが悪い)、

「私に酷いことした人は呪われる」

等のデムパ発言の数々…

「今度の休日どこに行く?」

とか何やら彼女ヅラ。
帰そうとすると

「ゴキブリが…」

と騒ぐ。

「俺君は優しい人。みんなは知らなくても私だけは知ってる」

みたいなウザ発言の数々。
ビールと焼酎でヘロヘロで寝ようとすると当然のようにAもベッドに入ってくる。

「出て行って」

と言っても出ないし、もう何か面倒臭いんで明日帰したら二度と家に上げなけりゃいいかと放置する。
だが余りにもAがぴったり寄ってくるので蛭子だと分かっていても思わずAの体を触ってしまう俺。

凄い幼児体型。
無理。
デムパで幼児体型なんて絶対無理。
すぐにイタズラ終了。
ソファーで寝た。




そして案の定、次の日も当然のように現れるA。
友達と遊びに行くから帰ってとやんわり断ると

「友達って誰?どこに行くの?何時に帰ってくる?」

と質問の嵐。

「じゃあ(俺の)部屋で待ってる」

と上がり込もうとするのを何とか押し返して友人宅へ逃亡。
そのまま友人宅に泊めてもらい朝方帰ると玄関に大量の煙草の吸殻。

ざっと見て3箱分以上。
…何時間居たんだよorz

その日の夕方も帰宅後5分でチャイム。
完全に見張られている模様。

「迷惑だから帰って」

と言っても

「昨夜は心配したんだから。それで今日は何食べる?」

と、全く会話が成り立たない。
本当に困るからとドアを閉めるとチャイムを連打。
ドアノブをガチャガチャ回して

「『開けて!仲直りしよう!」

と大騒ぎ。
何だか怖いんで次の日から自宅に帰らず友人宅で厄介になった。

5日後。
アパートの大家から電話。

俺の部屋の玄関先で夜中騒いでる女がいる。苦情が来てるから何とかしてほしいとの事。
仕方なく帰宅すると玄関前にAが座りこんでいた。

「どれだけ心配したと思ってるの!絶対許さないから!ちゃんと謝って!」

等々ヒステリックに騒ぎ立てる。
アパート中の住人がこちらを伺っている。
仕方がないので部屋に上げると一変して

「好きだから…心配させないで」
「もうどこにも行かないって約束して」

と泣き出す。
もう俺の我慢も限界。

少し強い口調で、俺はAと付き合う気は全く無い事、こんな事をされると非常に迷惑な事、正直な所Aを気持ち悪いと思っている事をはっきりと何度も伝えるが、全く伝わらない。

「喧嘩は嫌!」
「許してあげるから機嫌治して」
「これ以上私を怒らせないで!」

と全く会話にならないし、理解もできない様子。
もう何を話しても無駄だと思い、部屋から追い出そうとすると

「ここに居たいの!何で分からないの!」

とか言って意味不明な事を言って必死にすがりつこうとする。
最後は

「呪ってやる!地獄に墜ちればいい!殺してやる!」

と捨て台詞を吐いて、その辺の物を蹴りながら出て行った。
やっと終わったと一息ついた。

そうだ迷惑かけた近所の人達に一言詫びようと思い外に出ると、俺の車の所に人影。
急いで駆け寄るとAが車のドアを開けようとしている。

流石に我慢も限界。
逃げようとするAの首根っこを掴んで

「いい加減にせえやゴルア!」

と怒鳴りつけた。
すると気が狂ったように悲鳴を上げて

「誰か助けてー!殺されるー!」

と叫び出すA。
構わず車から引き離し

「オマエ自分が何やってんのか分かってんのか!?」

と一喝入れるも

「うるさい!地獄に墜ちろ!」

と俺の手を振りほどこうと暴れる。
しまいに暴れ過ぎて自分で転んだあげく

「殴られた!暴力男!警察呼んでやる!」

と悪鬼の形相で叫び続ける。

『…何なんだコイツ。もう俺の手には負えん。明日警察と上司に相談しよう』

と呆然と思っていた俺の隙をついて走って逃げ出す基地外女。
もう追いかけて捕まえても無駄なんで、近所に迷惑をかけたお詫びをして寝ようとしたらまたチャイム。

「いい加減にしろ!」

とドアを開けると立っていたのはオマワリさん。
本当に通報したんだねあの基地外orz

幸いオマワリさんが良く話しを聞いて同情してくれて事件なんかにはならなかった。
(そりゃ誰だって会話の成り立たないデンパの話なんか信じないわな)。

「今度何かあったらすぐ警察に連絡して」

って言って貰って少しだけ安心したよ。

それから一週間、得に何もありません。
一応上司にも話は通しておいたし、あとは何事も起こらぬ事を祈るのみ。
ダメなら引越すしかないかな。

最悪の一週間だった。
本当に疲れたよ。
デムパには気をつけろよ。


コメントを残す