ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い妻/怖い夫, 怖い家族, 怖い義理父/義理母

嫁改造計画

介護を頼むための計画をする旦那家族にまつわる怖い話

介護を頼むための計画をする旦那家族にまつわる怖い話

結婚して3年ちょっと、私28歳・夫30歳、ウトメは50代後半です。
小梨でウトメとは別居してました。

何故かウトが、遊びに行くたびに真っ裸でで登場。
ビックリして夫に抗議したものの、夫が言うには

「田舎の人だから仕方がない」
「もう親子なんだから」
「気を許してる証拠だろ」

トメは

「しょうがない人ね~w」

と、笑ってる程度。
なんだか私一人が意識しすぎているような言い方を毎回されて、私もそう言われるのが嫌になってきて、気にしないようにしていました。

ある日ウトメが遠方の結婚式に呼ばれ、留守番を頼まれた時、台所の掃除をしていたら料理本の間に大学ノートが挟まっていて、

『お義母さんのレシピかな?』

と何の気なしに引っ張り出してみました。




題名に「嫁改造計画」。

『え?』

と思って開いたら、私にウトメを介護させるまでの計画が細かく書いてありました。

———————-
・ウトの体に慣れさせる←ウト担当・頻繁に見せる
・親の介護は当然と叩き込む←トメ担当
・介護士の資格を勧める←夫担当
・栄養士の資格を勧める←夫担当
・掃除関係のパートをさせる←夫担当
———————-

の、ような事柄が、三人で書いたらしい字でビッシリと。
確かに

「これからの時代、介護士の資格なんかいいんじゃない?」

だの

「料理好きなんだから栄養士の資格とかとっておけば?」

だの言ってた。
もうその後はどういう感情で動いたのか覚えてない。
多分、本当に機械的にコンビニでコピーして、ほかのネタは無いか家探しして、家帰って荷物まとめて出た。

実家に帰って両親に見せたら父、大激怒。
すぐに知り合いの弁護士に連絡をとってくれて、本当にあっっという間に離婚しました。
夫は

「それは冗談で書いただけだ」
「親を安心させたかっただけ」

だの言ってたものの、実際に私に介護士や栄養士や看護婦やらの資格を取るための学校や通信教育のパンフを取り寄せていました。
全部取っておいてたので証拠に。
ウトメはというと、

「将来は必ず介護をしなくちゃならないんだから、そのための訓練をして何が悪い。むしろ今のうちから勉強していれば将来が楽なんだから感謝してほしいくらいだ」

だ、そうです。


コメントを残す