ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖かった見知らぬ人

母と参加した深夜のセミナー

母と参加した深夜のセミナーにまつわる奇妙な体験

母と参加した深夜のセミナーにまつわる奇妙な体験

これは私が幼稚園の年長(?)から小学校低学年の頃に体験した話です。
幼稚園年長(多分)の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えさせられて車に乗せられた。

車は見た事も無いような暗い裏道を通り、何処かへ向っていく。
小声で

「何処へ行くの」

と尋ねると、母は

「セミナーへ行くのよ」

と呟いた。
暫く走った後、そこに着いた。
建物の玄関には、薄ぼんやりとした明かりを放つランプが置かれていて、中には明かり一つ無く、幼い私は何となく恐怖を覚えた。

私はそこでいろいろ変な体験をすることになる。
そこではまず最初に親と別れ、暗室の中で他の数人の子供と一緒に映像を見せられた。

目が一つの女性の顔(コラ?)が飛び交っていたり、ひたすらうねっている青い画面だったり、動物の顔で人間の体の人(コラ?)が歩いていたり、そういう感じの映像だったと思う。
私も他の子供も、怖がることも騒ぐこともなく静かに見ていた。

映像を見た後には別の部屋で、銀はがしをしたり、ぬりえの一種?(何か絵に点々が書いてあり、その点々を濡らすと色が出てきて塗れるようになっていた)をしたりしていた。
それが終わったあとは、親が部屋に迎えにきて帰った。

結局私は、とある出来事があった日まで、1年くらいそこへ通っていた。
深夜に車に乗って何処かへ出かけることは楽しくもあったし、帰りにコンビニでお菓子を買ってもらえたりもしたので、結構喜んで通っていたと思う。

その日、いつものようにセミナーに行った。
暗室で映像を見ていたときに無性にトイレに行きたくなり、部屋の外に出た。

しかし、いつも使っているトイレが使用中止だった。
それで上の階のトイレに行ったが、初めて来た階だったので帰り道がわからなくなってしまった。

『まぁ誰か大人の人に聞けばいいや』

と思って、適当に歩いていると踊り場に出た。
4階へと続く階段には進入禁止の札がかかっていた。
2階への階段を行けば、多分もといた所へ帰れたのだろうが、何故かその時は上の階に行ってみたくなり、少しワクワクしながら進入禁止の札をくぐって上の階へと行った。



4階には、廊下の突き当たりに古びたシャッターがあるだけで、何も無かった。
なぁんだつまらないと思い、帰ろうとすると、シャッターの横にもうひとつ階段があるのを見つけた。

階段にはまた侵入禁止の札がかかっていて、明かりも何もついていなかった。
また私は札をくぐり階段を上った。

5階にはやはり明かり一つなく薄暗かった。
廊下は4階のようにまっすぐではなく、ドアが沢山あり、みんな鍵が閉められていた。
何となく心細くなりつつも、とにかく行きあたりまで行ってみようと思い先へ進んだが、なかなか行き当たりに着かない。

『もう帰ろうかな』

と思いはじめた頃に、やっと行き当たりまでたどり着いた。
行き当たりにはドアが一つあり、鍵がかかっておらず半開きになって、明かりが漏れていた。

『きっと誰か大人の人がいるな、もといた所まで送り届けてもらおう!』

と思い、半開きのドアから中をのぞいた。
中には男の人が数人テーブルを囲んで何か真剣に話し合っていた。

照明はテーブルの上に一つライトがあるっきりで薄暗いので、顔はよく分からなかった。
私は何だか声をかけるのも躊躇われて、しばらく部屋をのぞいていた。
意を決して話し掛けようとした時、話し合っている男のひとりが不意にこっちを見て

「何してるんだ!」

と叫んだ。
私が驚いて何も言えずに立ちすくんでいると、男は立ち上がりガバッとドアを開けた。
そして、子供の私を見て安心したのか表情を緩め、

「どうした、迷子か」

と聞いた。
私が

「そうです、なんかトイレに行ったら帰れなくなって、大人の人を探してて……」

と言うと、その男は他の人に

「ちょっとこの子を下に送ってくるから」

と言い、ドアを閉めた。
その男は結構若かったと思う。
たぶんおっさんじゃなかった。

それで、男と二人で廊下をてくてく歩いていくと、廊下に自動販売機が何台もズラーと並んでいるところに出た。
男は

「ジュース飲むか?」

と言った。
私が

「飲む」

と言うと、男は金を渡し

「好きなのを買え」

と言った。
その自動販売機で売られているジュースは、何故かどこでも見かけたことがないようなものばかりだった。
不思議に思いつつも、適当に選んで買った。

買ったあとも、見たこともないジュースばっかりだ、せっかくだから他のも見ようと思って、自動販売機の列をずっと進んでいくと、突き当たりにドアがあった。
何気なしにドアノブに手を伸ばすと……

「ガチャガチャガチャッ」

その途端、ドアノブが激しく回り始めた。
びっくりして手を引っ込める私。
音に気がついて、男が凄い勢いで駆け寄ってくる。

「開けるな!」

そのまま男は私の手をぐいぐい引っ張って、薄暗い廊下を歩いていく。
背後では、まだドアノブがガチャガチャ回り続けている。

自動販売機からだいぶ離れたところで、男はようやく私の手を離した。
そこは行きで通ったドアがたくさんある所だった。

もう少しで階段のところだ……ほっとする私。
だが次の瞬間、

「ガチャガチャガチャッ」

後ろのドアノブがすごい勢いで回り始めた。
さらにそれに共鳴するかのように、右のドアノブも左のドアノブも

「ガチャガチャガチャッ」

と回り始めた。
男はまたぐいぐいと私の手を引っ張り始めた。
小声で

「どうしたの?」

と聞くと、男は

「うるさい!なんでもない!」

と怒鳴る。
が、ますますドアノブの回る音は大きくなっていって、右のドアも左のドアも後ろのドアも、

「ガチャガチャガチャガチャ……」

その日はいつもよりも早く帰された。
そしてその日以来、二度とそのセミナーに行くことはなかった。
あの時、ドアノブの向こうには何があったのだろう。


コメントを残す