ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いママ(友), 怖かった見知らぬ人

出産した母親からの第一声

出産した母親からの第一声にまつわる怖い話

出産した母親からの第一声にまつわる怖い話

私の実家は産婦人科やってるんですね。
親も子供に押し付けるようなタイプではないのですが、私もまた自然に産婦人科医となりました。

これは丁度私が研修を終え、まさに産婦人科医の卵として働いていた時の事です。
当時お金も無く、家に帰っても暖房が使えず

『病院は温かいし、お金も溜まるし…』

と宿直のバイトをしょっちゅう引き受けていました。
病院名は伏せさせて頂きますが、しっかりシフト時間が決まっており、宿直医1人が眠い目を擦りながら、何人もの患者さんの対応をさせるような病院ではなく、私が聞いた事、見たことも、単に寝ぼけていたという事はありません。

ある夜の丁度2時をまわった頃でしょうか。

「緊急の患者さんが来られたのでお願い致します」

という呼び出しがあり、すぐに受付へと向かうと、数人の女性に囲まれた1人の長いコートを着た女性のジーンズが薄く赤色に染まり聞くまでも無く、破水した事が解りました。
彼女は自分が妊娠していたという事も知らず、勿論母子手帳も所持しておらず、ただ、ただ

「どうしよう…どうしよう…」

と呟いていました。
彼女の格好もまるで風俗女性の様な派手な格好をしており、よく見れば周りの数人の女性達も同じ様な格好をしていました。

すぐに、その時居合わせた先生達と処置にとりかかりました。
赤ちゃんはまだ3ヶ月の超未熟児でありながらも、(手の平に乗ってしまうサイズです)何十本ものチューブに繋がれ、なんとか命を取り留めました。
それでもこれからが赤ちゃんにとっては長く、辛い時間になるわけでお母さんにその事を伝えに行きました。

「赤ちゃんは頑張っていますよ」

と。
病室に入った瞬間、女性がパッと飛び起きて




「死にましたか!?」

と私に聞くのです。
私は心の中で

『えっ!?』

と思いましたが、

「いいえ、赤ちゃんは頑張って生きていますよ。」

と伝えました。
女性は

「クソッ!」

と叫び、頭を抱えました。
望まれて生まれてくる赤ちゃんもいれば、そうでない赤ちゃんもいる、その事は両親からも、そして研修時代にも学んだ事なので、それぞれ事情がある事は十分に解っていました。
その女性は続けました。

「3ヶ月の障害児でしょう?殺してよ!」

しかし、生きる事が出来る命を見捨ててはならないという決まりの下に

「私には全力で赤ちゃんを助ける事しか選択肢がありません」

と伝えました。
赤ちゃんはまさに『必死』で生きており、呼吸困難になる事が1時間に何度もあるような状態でした。
これは後に聞いた話なのですが、赤ちゃんが危篤状態になった時にその女性がニコニコと笑いながら

「さぁ、死ね!死んでしまえ!」

と赤ちゃんに語りかけていたと。
その後も、例の母親の事での話題は尽きませんでした。

難しい状況ではありましたが、半年後赤ちゃんは無事退院するまでに回復しました。
勿論、超未熟児で生まれた為に知的障害と重度の呼吸障害があり、いずれ呼吸器関連での手術が必要になる事は目に見えていました…


コメントを残す