ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い隣人/ご近所

廃屋に残されていたモノ

廃屋に残されていたモノにまつわる怖い話

廃屋に残されていたモノにまつわる怖い話

中学の時、友人の家のすぐ側に廃屋?があった。
その友人宅に仲良しグループ3人で泊まることとなったが、早々とやることもなくなり、『そこの廃屋へ行こう!』という流れへ。

恐らく、かなり前から人がいなくなっていて、庭部分は鬱蒼と手入れのされて無い木々が生い茂り、昼間でも暗いほど。
懐中電灯持って玄関から入ると、正面に階段、階段の奥はキッチンらしい部屋、左手に縁側、縁側の奥にトイレ、縁側に沿って閉まった襖。

二階に行くと、汚れた人形や日記?らしきものや昔のアイドルのポスターなどが貼ってあったので子供部屋だろうなと。
中学生ノリで脅かしあったりして盛り上がり、下の階へ。
キッチンへは床が抜け落ちていて行けないので、縁側の方へ。



流石に閉まっている襖を開ける勇気は皆なく、開けるのを押し付けあう始末。
押し付けられた友人が襖を開け懐中電灯を照らすと、特に何もなくただ広い畳部屋があっただけであった。

その奥の襖も閉まっていたので開けようと足を踏み入れると、パキッと地面で変な音が鳴った。
懐中電灯を下に向けると、床全体を占める量の注射針。
そこで皆悲鳴をあげて廃屋から逃げました。

後日談としては、昼間明るい時にその廃屋を見に行った時、白い外壁に埋め尽くされた鉛筆で書いたと思われる文字が。
——————–
○月○日○○(苗字)○本
——————–

多分本数は注射針かなと思っているのですが…。


コメントを残す