ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖かった見知らぬ人

後ろ向きに歩くおじさん

後ろ向きに歩くおじさんにまつわる怖い話

後ろ向きに歩くおじさんにまつわる怖い話

私は鉄道施設の維持管理をする現場仕事をしています。
その日の仕事は、線路の上で使うリフト車(軌陸車という車両)の運搬管理でした。
軌陸車とは、リフト車の下に車輪が格納されていて、車輪を展開して線路に乗せることで、線路を走ることができる車両です。

その日は、終電や貨物が通り過ぎた後、午前0時に軌陸車を踏切から線路に載せ、50mくらい離れた場所まで搬入して別の業者に引き渡し、午前3時に軌陸車を踏切から道路に搬出する予定でした。
で、搬入は順調に終わって、2時間ほどぼーっと業者の仕事を眺めていました。

現場は住宅街にある高架橋のそばで、線路上は真っ暗でしたが、踏切周辺は街灯に照らされて明るかったです。
踏切はたまにタクシーが通るくらいで、現場には軌陸車以外の重機はなく、軌陸車のエンジン音以外は静かなものでした。
新人の頃は真夜中の雰囲気を不気味に感じていましたが、幽霊に遭遇したことなんてないし、もう慣れました。

そして2時30分ごろ、業者から作業終了の連絡があり、作業員と一緒に軌陸車を動かす準備を終えた後、私は線路上に障害物がないか確認しながら、踏切まで歩いて行きました。
特に異常がないことを確認した後、無線で運転手にOKの合図を出しました。
すると、

「すみません、ジャッキの締め忘れがあったので5分ください」

と作業員から回答。
古い車両は油圧がどうのこうのでジャッキを格納した後、緩むことがあるとか何とか。
3時までまだ時間はあるし、作業は作業員に任せて、私は踏切で待機していました。

すると、20mほど先の交差点から歩行者が一人、こちらの方に歩いてきます。
県道の交差点から、住宅街に入っていく市道(車が何とかすれ違える位の幅)って感じの道です。

その男は帽子を深くかぶっていて、姿勢も悪く、なんだか歩き方がぎこちない感じでした。
5時くらいになるとジョギングやウォーキングするお年寄りを目にすることはありましたが、まだ3時前。

『酔っ払いかな~』

と思いながら、

「歩行者が来るのでゆっくりでいいよ~」

と作業員に無線を入れ、男を誘導しようと踏切に出ました。




男はひょこひょこ歩きながら向かってくるんですが、帽子かぶってうつむいているせいで表情が読めない。
男が5mくらい手前にさしかかってきたところで、

「ご迷惑おかけしてます~、お通りください~」

と会釈したところ、男が急に背筋をびっと伸ばしてこっちを見返してきました。
ギョッとして男の顔を見てみると、顔がない、というか毛むくじゃら。

「ハ???」

って感じでつっ立っていると、私の前を通り過ぎる際に首がぐるっと90°回転してそこに男の顔がありました。
軽くパニックになりましたが、よく見ると、男は服を前後逆に着て、帽子も反対にかぶって後ろ向きに歩いていたんです。

つまり、私が顔だと思っていたのが後頭部で、今こっちを見ているのが顔面だったんです。
メチャクチャ驚きましたが、相手が人間だとわかると、こういう変人には関わらないのが一番と思い直し、

「足下お気をつけください~」

とか言いながら線路の方に後ずさりしました。
(現場仕事してるとちょいちょい変なおっさんに遭遇する)

すると男はこっちを見ながら訳のわからない言葉を発しました。
なんか聞き取れない小動物みたいな鳴き声。

『マジで勘弁してくれ』

と思いながら震えていると、男はそのまま歩いて通り過ぎていきました。

「○○さん、こっちOKですけど、そっちはもういいですか~?」

という運転手からの無線でハッと我に返りました。
慌てて返事をしながら、男が歩いて行った方向を見ると、住宅街の角を曲がっていくところでした。

姿勢はもとの猫背に戻っていて顔は見えませんでしたが、なんだか視線を感じたように思いました。
(ていうか背骨どうなってたんだろ)

そこからは普通に車両を搬出して現場は無事に終わりましたが、心臓がバクバクしていて指示も上の空でした。
終礼後、運転手と話しましたが、足の悪いおじさんが通ったくらいにしか認識していませんでした。

会社に帰って、仲のいい先輩に聞いてみましたが、あの踏切でそんな通行人は見たことがないと言っていました。
あのおっさんが声に出した『キュルキュル』みたいな音が、昔テレビで見た逆再生の音に似ていた気がするんですよね。


コメントを残す