ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い義理父/義理母

電波に干渉する母の思念

義理母の呪いにまつわる怖い話

義理母の呪いにまつわる怖い話

まぁ良い歳の妹がいるんだが、こいつが去年の春から、お互いの両親公認で、彼氏が借りていた部屋で彼氏と結婚を前提に同棲し始めた。
そうなると兄貴なんか縁遠くなっちゃうもんで、こないだのGWに実家で久しぶりに妹に会ったら、元々そんなにふくよかな方じゃ無いのに、顔つきがげっそりやつれて、顔色も悪く、以前の快活な妹では無くなっていた。

あんまりな変わりように、暮らしぶりや病気でもしてるのかと心配したら、眠ると怖い夢を何度も何度も見て、目を覚ましてはまた眠りに引きずり込まれを繰り返し、結果あまり眠れていなくて、最近は心療内科で軽い睡眠薬を出して貰ってると言う。

心療内科にかかってるなんて、親に心配かけるから家族には誰にも話せなかったとも。
マリッジブルーかな、なんて力無く笑う妹が可哀想で、

「昔、俺も頼んだ事のある悪夢封じのお守り札を、妹にも作ってくれないか?」

と、学生時代からの友人の現役陰陽師の友達に頼んでみた。
そしたら作ってくれなかった。



俺の悪夢は半分気のものであったからあんな気休めで良かったけど、妹の悪夢は性質が違うから同じ事してもダメだと。

友「でも逆に何にも要らないよ。自分のスマホや電話を寝室に置かないで寝るか、電源切って寝るか、電話番号やメアド変えて教えなきゃいい。後は線香があれば充分かな」

要約すると、妹の彼の母親の、口には出せない息子を奪われる事への恨みつらみ心配なんかが、彼母スマホから妹スマホを通じて来ちゃってるからだって。
電化製品や電波は、そういうものが干渉しやすいって言ってた。

「眠る時側に置かないか、電源切る事や番号変えたりする事でその思念を迷子にすればいい。眠る前に線香で部屋清めればもっといいね。それでダメならまた相談して」

って、以上の会話、全部電話で済んだ。
妹、自宅に帰り、彼氏には何も言わず素直にスマホをリビングに置いて寝る様にしたら、悪夢ループ無くなったって。
(彼氏に説明しにくいので、線香まではやってないらしい)

『これで大丈夫』って思い込みの力なのかも知れないけど、ちょこっとは本当かも知れない。
だとすると怖いもんなんだなぁ、スマホや携帯って。


コメントを残す