ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い妹/弟, 怖い家族, 怖い母, 怖い父

妹の結婚式

妹の結婚式に出席拒否された兄の話

妹の結婚式に出席拒否された兄の話

俺は妹の結婚式に、

「相手は美男美女が多いのに、お兄ちゃんみたいなブサイク出したら、うちがどう思われるか分からない」

という理由で出席拒否されました。
親が出席を勧めても、

「もう相手には兄は死んだ事にしてあるから無理」

と返事。
親もその言葉を聞いて了承。

当日。
携帯の電源を切って、家から300キロほど離れたサービスエリアでバイクを降り、携帯を確認すると、親戚と親と妹から結構な数のメールが入っていた。
内容を確認し、三者の発言を総合すると、披露宴で親戚が俺が来ていないのを妹に尋ね、隣にいた新郎に

「それ誰?」

と聞かれた妹が言葉を濁していると、新郎の親戚が

「二股かけてる男なんじゃないの」

と、酔った勢いで冗談めかして言った。
それを聞いていた新郎父が

「二股をかけているような女なんぞいるかぁ!」

と叫んだのを皮切りに、その後の披露宴は非常に殺伐とした空気の中で行われた。
現段階では、妹とその旦那はホテルから場所を移して二次会をしているが、双方の両親と親戚がホテルの一室に集まり、これから先の事を話し合っている真っ最中。
仕方ないので親に連絡。



親は

「戻ってきて相手に説明してくれ」

と言ったが、妹の行いに半ば切れていた俺はこう言った。

「あんな理由で出席拒否されて、親戚に根回ししていなかったあなたがたのミスでしょ。それを今更戻ってこいですか。奴がどうなろうと知ったことじゃないし、俺は死んでるんでしょ。なんで親戚にもそう言って押し通さないかなぁ。ってことで無理!じゃ」

電話を切り、タンクバッグの一番奥に突っ込みツーリング再開し、結局家に帰ったのは三日後。

親にその後の話を聞くと、妹は洗いざらい新郎に話したが、兄弟を(話の上で)殺す娘は願い下げとなり、破談。
式・披露宴代もこちらが払う事になり、妹は引きこもってしまった。

仕方が無いので、俺が相手方に出向き、妹の非礼非常識な行動を俺が頭を下げて納得してもらい、破談は解消となった。
ちなみに、会社は長期休暇を取っていました。


コメントを残す