ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖い店員

常連のカレー屋

常連のカレー屋が閉店した原因の怖い話

常連のカレー屋が閉店した原因の怖い話

もうないらしいけど(引っ越したので未確認)、池袋駅の近くにカレー屋があった。
なぜか店員がインド系の人で、シェフが日本人っていう店で、

『お前ら、ポジション逆じゃねえかw』

と思いながらも、味と値段のバランスがよかったのでひいきにしてた。
で、そのインド人っぽい店員が片言で注文取りに来るんだけど、日本語さっぱり通じないから、いつもメニューを指差しながら注文するの。

すごく一生懸命な感じの店員でさ。
そのへんも結構好きで通ってたんだ。
二年くらい通ってたかなあ。

なれない外国くらしで疲れてたのか、その店員さんが手を抜いて仕事をしてるのを、間に2回くらい見た気がするw
ただ、日本人の店長もいい人そうで、雰囲気のいい店だった。
昼のすいてる時間だと、店長さんが、カウンターでまかないのカツカレー食ってる店員とよく談笑していた。



で、俺の仕事が変わって引っ越して、しばらく行ってなかったんだけど、偶然、前の会社の同僚に会って、懐かしくて飲みに行ったときにその店の話題がでたんだけど、そいつが言うには、その店潰れたんだって。
しかも、原因は店長が店員に刺されるって事件があったせい。

すっげー意外で、いまだに信じられないんだけど、そいつ(同僚)が言うには結構なメッタ刺しで殺されてたんだって。
俺が引っ越す頃には、店長が

「いい加減日本語も覚えろ」

って店員を日本語学校に通わせるような話までしてたはずなのに…
なにが原因なのかわからないし、少なからず思い出の場所なので、あまり深く追求もしたくないってのが本音。

そんなことになるんだったら、もう一回くらい食いに行っておけばよかったかなあ、あそこのカツカレー。


コメントを残す