前に勤めてた会社、工場でまわりも全部工場だらけ。
昨年、会社の裏にあった工場が潰れてマンションが建ったらしい。

工場が集まったところだから駅からは遠いし(徒歩30分)、スーパーは自転車で15分、コンビニも自転車で10分かかる。
工場以外で一番近いのはパチンコ屋、食事出来るところも小さな飲み屋ばかり。

「こんなとこ誰が越してくるの~?」

と皆で笑っていたら、先日入居が始まり、『小さな子供がいる家族連れ』が何組か大型トラックがバンバン行き交う道路をゆうゆうと散歩しているらしい。




前置きが長くなったが、うちの工場は緑化対策として事務所周りに花や樹木を植えている。
一番大きな夏みかんの木には、毎年それはもう鈴なりにゴロゴロ夏みかんが生ってる。
廻りも工場だし、社員でも誰も取らなかったので、いつも鳥のエサ。

なのに今年は、その夏みかんを見知らぬ親子連れが敷地に入って取っているらしい。
誰かが見かけたら注意してるんだけど、全然懲りてないのか違う人なのか…

何で誰も取らないかわからないのか?
うちの工場、鉛扱ってるんですよね。
看板にも書いてるし。

だから土にも微量な鉛が…(違法な量ではありません念のため)
夏みかんの鉛含量も昔調べたら、微量は確認したけど身体には影響無し。

でも、やっぱりそれわかったら誰も食べないww
それを注意してるのに理解出来ないのか…

そのマンションに近い裏口には、栗の木と柿の木も。
外からはわかりづらいけど、そのうち狙われそうだ。

お願いだから勝手に採ってって訴えるのはやめてね~