乗ってた電車に飛び込まれたことがある。
自分は先頭車両と二両目の連結部に立っていた。

衝撃の後、足元を通り過ぎて後ろに去っていく音。
急ブレーキで電車が止まった後、車内に流れた「ただいま事故が~」のアナウンスで車内が騒然とし始めた。
隣に立ってた客が連結部分を覗き込んで

「うわーまだ入ってるよ」

と言った。
その声を聞いて、他の客も窓の外を覗き込みながらあーだこーだと話し始めた。




聞いていたくなくて車両を移動したんだが、後ろに行けばいいのに、パニクってたせいで先頭車両の前の方に移動してしまった。
移動した先で、座席に座っていた男性がテープレコーダー片手に事故の状況と乗客の様子を淡々と吹き込んでいた。

表情も変えずに。
それがものすごく怖かった。

でも、今思い出すのは、足元を通り過ぎて言った音。
忘れたいけど忘れられない。

ちなみに、その飛込みがあった場所から前後1kmくらいの区間は飛び込みだらけ。
朝昼夜構わず発生するためか知らんが、その区間にある電灯は一向に青くならない。