数年前、山を歩いてたら変な人に会いました。
道の真ん中で40程の女性が震えてて、通りかかると、

「一緒に下山して下さい」

って泣きながら頼むんです。
その様子が尋常じゃないので、何か事情があるのだろうと快諾しました。

歩きながら訳を聞いたのですが、私の言葉には反応してくれません。
山を下りるまで私の裾を掴んでいて、しきりに念仏(メチャクチャですが)を唱えているようでした。
山を下りきったとき、

「大丈夫ですか?」

と声をかけたら、恐る恐る周りを見回して、

「あぁーーー」

といって崩れ落ちてしまいました。
肩を貸して、休憩所を兼ねてるみやげ物屋に入って、話を聞いてみました。




その女性があのあたりを通りかかったときに、どこからともなく、わらべ歌のような歌声が聞こえたそうです。
見回しても誰もいなく、気のせいだと進んでいくと、いつの間にかまた元の場所に戻っていて、再び歌が聞こえる。

歩くとまた戻る。
だんだん歌声が近づいて来たとか。

しかも、だんだん相手の声に歓喜が混じってきた。
歌は数え歌らしく、近づいてくるごとに内容が聞こえるようになり、

「よっつ、よみじはぬけだせぬ。ひがくれ、たそがれ、いのちくれ」

と数えられたところで恐怖で動けなくなり、そこに私が通りかかったそうです。
私の知る限り、その山は特に変な言い伝えもなく、普通の観光名所です。

そのみやげ物屋の老いた店員さんも、そんな話は知らないと言います。
すると、一緒に下山してあげた女性は、

「以前、同じように立ちすくんで居る人を、助けてあげたことがある」

とポツリと語りました。
私はちょっと嫌だな、と思いました。
それ以来、1人で山には入ってません。