地方新聞の支局に勤めていた方から聞いた話です。
新聞社にもたまに変な人が来るそうです。

どう変かというと、『あの事件の犯人は自分だ』と主張するそうです。
いまだに『3億円事件の犯人は自分だ』と言ってくる人や、『すでに犯人が逮捕された事件の犯人は冤罪で、自分こそが真犯人だ』と言う人までいるそうです。

ある日、人を殺したと自称する人が来たそうです。
それはバラバラ殺人で、遺体を風呂場で切断したとか、公園のゴミ箱に分散して捨てたとか、という話をし始めました。

ただ、その記者さんがいたのは田舎の県なので、そんな事件は過去十数年間にもなかったはずなのです。
そのへんを問いただしてみたところ、この県での話ではなく、東京での事件という話でした。

「なぜこんな田舎まで来て、そんな話をしようと思ったのか」

と聞くと

「都会では『監視の目』があるからダメだ」

と言いました。
記者さんは、

『ああ来た来た、やっぱり頭オカシイ人だ』

と確信し、早く話を切り上げようと思い、矢継ぎ早に質問をすることにしました。

「なぜ殺したのか」
「死んでしかるべき人間だからだ」

「それはどういう意味か」
「それは言えない」

「なぜバラバラにしたのか」
「わかる人にはわかる見せしめの方法だ」

「わかる人とは誰か」
「それは言えない」

という感じで、イマイチよくわからないうえに、突っ込んで聞くと『言えない』の一辺倒になるのです。




それに、

「なぜ自首しないのか」

と聞くと、

「はっ(薄笑)警察なんか意味がない」

と、心底バカにしたように言うのです。

「では、なぜここに来て話そうと思ったのか」

と聞くと、少しの沈黙があった後で、

「せめて誰かに聞いて欲しかった」

と、しみじみと言うのです。
もう完全に訝しげにしている記者さんの態度を感じて、その男は

「忙しいときに時間を取らせて悪かったね…」

と言い、帰っていきました。

『キチガイには困ったもんだな』

と思いながらも、内容があいまいすぎるので、特に気にも留めていませんでした。
ところが一週間後、その自称犯人と予期せぬ形で再会することになりました。

身元不明の溺死体があがったとの報せで取材に行くと、死体はあの自称犯人の男でした。
あの日と全く同じ服装だったのです。

調べによると、身元がわかるようなものが何もなく、後日、行方不明者などと照合してみても該当する人がいないため、結局、身元不明者が誤って川に転落して死んだ事故死として処理されました。
その記者さんは、

「今でもその溺死は、99%偶然だと思っている。でも、万が一『監視の目』っていうのが本当のことで、我々のあずかり知らない闇の社会があるのではないかと思うと、『その男は一週間前にウチの社に来ました』とは警察に言えなかった」

と言っていました。
僕もこの話を聞いて、本当に何かの陰謀があったのではないかと思い、なんだかゾッとしました。