大学の頃いつもモーニング食べてた喫茶店のマスターと不倫3年。
堕胎2回もしたけど、死ぬほど好きだった。

最後の別れは衝撃的だった。
喫茶店でお茶して出た後、3人の私服警官に囲まれて彼が逮捕された。

そのまま私も署に連行されて取り調べ。
容疑は詐欺らしかった。

頭真っ白で全部の容疑は覚えてないけど、他の店のレジの中からお札を盗んだり、ホテル代や飲食代を踏み倒したり、物を盗んだりとかだった。
あと無免許だったらしく、当て逃げして後で弟に身代わり出頭させた罪もあった。



実家は電気屋と言ってたけど、実は廃品業で在日だった。
離婚3回でその時の奥さんは台湾人。

自分と付き合ってしばらくして離婚したと言ってたけど、奥さんが愛想付かして、家を出ただけで別れてなかった。
京大中退なんて大嘘で中卒。

創価信者で、満座の席で恥をかかされたとかで池田大作を恨んでた。
池田大作に会えたことすらないんじゃないかなと思っている。

見た目は中条きよし風だった。
しばらくして拘置所から出たその足で私の前に現れた。

きっぱり別れを告げたけど、ストーカー行為をしばらくされて、本当に殺されるかと思った。
なぜ刑務所に入らないで済んだんだろう…