看護学校時代の話です。
全寮制の学校で兎に角先輩には絶対逆らえない学校だったのですが、毎年夏に二年生が仕組んで一年生が受ける肝試しがあったんです。

解剖室→標本室→霊安室と回るんですが各部屋に予め自分の名前が書かれた紙が置いてあるのでそれを持って来てゴールに居る先輩に渡して終了というルールがあって、私も一年生の時には受けさせられました。
解剖室や霊安室はさして怖くないのですが、標本室はマジで怖くて…

古い病院だったから全身ホルマリン漬けも男女各一体あったし、奇形児や胎児縦割りもあって、半泣きではいったものでした。
で、毎年ちょっと目立つ一年生を〆る意味で一人だけ名前の紙を作らず受けさせるという暗黙のルールがあって私達のクラスの美人で頭のよいKちゃんもターゲットにされてしまいました。



Kちゃんは何も知らずに標本室へ入り名前の紙を探すのですが見つからず、仕方ないから霊安室に行き紙を二枚だけ持ってゴールしたら…先輩達から嫌みの嵐。

頭にきてKちゃんが紙を千切って自室に戻ろうとしたら先輩達から標本室に閉じ込められてしまい、深夜守衛さんに助けられるという事件に発展してしまいました。

結局Kちゃんは学校を辞めてしまったのですが…
その後Kちゃんを目の敵にしていた先輩三人が全身に皮疹が出来たり事故ったり、一番威張ってた先輩は階段から転落し両足骨折
一年生は皆『Kちゃんの祟り』とか『生き霊』とか言っていました

そしたら冗談抜きに『呪い』だったらしく…
Kちゃんと一番仲が良かったSちゃんが先輩達の髪や下着をKちゃんに渡して協力していたことが発覚(怖くなったSちゃんが教務に相談して発覚しました)。

それで教務付き添いの元三人の先輩達とその親達がKちゃん宅に謝りに行ったのですが、Kちゃん見るも無残に痩せて目だけギョロギョロしていたそうです。
勿論翌年から肝試しは厳禁されました。