当時俺は中学生でよく友達と遊んでいた。
それである日、駄菓子屋で菓子を買おうとなった。

みんな(4人)で駄菓子を選んで買って、店の前で食べていた。
真ん前に公園があり、そこで一人の薄汚い髪の長い女がブランコに乗っていた。

そこの公園は団地の間にある公園だった。
友達と俺は

「キモイ」

とか小さい声で話し合っていた。
どうやらその会話が耳に入ったらしく、物凄い形相でこちらを睨み、団地の中に、入っていった。

夕暮れ友達と別れる事になり、俺は薄暗い夕暮れの長ーい道を自転車で走っていった。
正直言うと、あの女の事が頭から離れない。
イソイソと走っていると

「ギャーーーーーーーー」

と道を響くような声で誰かが後ろから来る。
この世の物とは思えない恐怖とビックリが俺襲い、自転車のこぐスピードを速めた。




後ろを見ると案の定、あの女だった。
なんとか逃げきろうとした。

家に入ろうとしてドアを開けてる間に捕まってしまうと思い、関係ない道をどんどん進む。
女は俺を見失ったみたいで、俺は元の道をイソイソと戻り家の中にすぐに入った。
俺の家族は二世帯で一階ばあちゃんじいちゃんが住んでおり、二階には父、母、姉と俺の四人暮らしだ。

「バタン!」

ドアを強く閉めたのでばあちゃんがビックリして玄関にきて

「どうしたの?」

と俺に尋ねた。
俺は変な奴に追いかけらた、と説明していた時に

「ドンドン!!」

とドアを強く叩く音がする。
覗き穴を見たら、女が包丁を持って

「フーフー」

と言って立っている。
すぐに警察に連絡。
女は補導されて行った。

あとで調べるとその女は学校で包丁投げ女として有名な女だった。
さらに子猫を虐待したり、公園で遊んでいる子供を頭ごなしに怒鳴りつけたと言う。

その後脅迫罪、殺人未遂、暴行罪などで捕まったらしい。
その後まだ刑務所から出てきてあの団地にいるだってさ…