電車に乗ったら優先席にじいさんが座っていた。
じいさん、携帯電話を取り出し

「ピッピッピッ。」
「あーあー、もしもし、私だけどね。」

とびっくりするほどの大声で話し始めた。
雑談ばかりの通話が終了し、じいさんはさらに別の所へかけようとしている。
余りの酷さにそばに立っていたリーマンのおじさんが

「電車の中ですよ。」

と小声で注意すると、

「ここは優先席だろうが!」

といきなり逆ギレした。




『いや、勘違いしてるって。』

リーマンも周囲もここであきらめ顔。

次の駅でじいさんの隣の席が空いた。
そこに、昔はさぞや美人だったろうというような、上品なおばさんが歩み寄ると先程のじいさんに

「すみません、わたくしペースメーカーを入れておりましてね、携帯電話の電源をお切りいただけますでしょうか。」

と微笑みながら言った。
じいさんがおとなしく携帯の電源を切ると、おばさんは

「ありがとうございます」

と言って座り、リーマンに微笑んだ。
じいさんはやることが無くなって寝てしまった。

しばらくしてじいさんはまだ熟睡していたが、おばさんとリーマンと私は同じ駅で降りた。
おばさんはホームに降りるとリーマンに

「あのね、嘘でしたのよ。でも内緒ね。」

いたずらっぽい笑顔まで上品だった。