昨日スーパーで見かけた腐老婆の話。
夕方だったのでレジはどこもかなり混んでいた。

すると婆が私の前にいた大学生くらいの男の子の前に横入り。
だが男の子に腕を掴まれ

「割り込まないで下さい。」

と言われ列から外に出された。




しかしその後も婆はブツブツ文句を言いながら男の子を睨みつけていた。
すると男の子は溜息をつき婆に

「そこに突っ立っていても一生買い物ははできませんよ?それとも孫ほど年の離れた人間に小学生でも知っているような常識を教わりたいんですか?」

と淡々とした口調で話すと会計をすませてサッカー台のほうへ歩いて行った。
婆はしばし呆然としていたが、周囲の哀れむような視線に気付くと必死に冷静になろうとして近くにいた小学生くらいの女の子に

「怖いお兄ちゃんね~」

と話しかけたが、その女の子に思い切り無視され顔を真っ赤にして列の後方にドスドス歩いて行った。