先日あった怖い話。
私の住んでるのはアパートの2階、3部屋のうちの真ん中です。

隣の部屋は、以前は何かと口うるさいおばさんが住んでいましたが、引っ越したらしく今は男が二人で住んでるらしい…
らしい、というのは、まだ一度も顔を見てなかったから。

ただ、隣は夜中にしょっちゅう激しい言い争いをしていて、物を投げ合うのか壁にドン!と何かがあたる事もあり、私は何度か壁を叩いて抗議した。
下の住民も迷惑していたと思う。

先日、私は代休で部屋でだらだらしていた。
中途半端な時間に昼寝してしまい、起きたら真っ暗だった。
スマホを開けたら夜の9時でした。




電気をつけようとしたら、隣の部屋のドアを激しくノックする音。
チャイムもせわしなく鳴らしている。
その異様さに固まっていると、

「〇〇~!居るんだろ?金返せよ!」
「〇〇!開けろよこの野郎!」
「〇〇さーん、居留守ですか~?さっきまで居ましたよね?」
「お金返してくださ~い」
「〇〇!てめえ又来るからな!」

…その声はひっきりなしに怒鳴り、30分程してようやく収まった。
あんなステレオタイプな取り立てを、リアルで聞くとは…
別に私が悪い訳じゃないのに、怖くて音をたてられない。

だが空腹だったので、コンビニに弁当を買いに出た。
何気に隣の部屋を見ると、暗くした窓に、外を伺う男の顔が浮かんでいた。
ややイッちゃってる目の周りはどす黒かった…

私がコンビニから戻って来た時も、男はまだ外を見ていた。
一瞬、目を合わせてしまった私はぞっとして、足早に部屋に戻ってチェーンもしっかり掛けた。

知らぬとはいえ、あんな隣人相手に私は何度も壁を叩いて抗議していたのか…
今、私は引っ越しを目論んでいる。
このアパート、コンビニが近くて気に入ってたんだけど…