すごく昔、母親から聞いた話なんだけどさ。
父親の仕事の関係で、社宅の集合住宅に住んでたころ、同じ社宅に神主の娘だかっていう『祓えるおばちゃん』Aと、DQNな娘を持つおばちゃんBがいた。
B娘は、過食嘔吐したりして精神的に不安定な娘だった。

「なんか霊障なんじゃね?」

ってAさんに相談したら、B婆の先祖が蛇を殺して祟ってるとかで、祓うために蛇のぬいぐるみをつくって、河原でA婆が祈って蛇のぬいぐるみを燃やして祟りをおさめる儀式をしたらしい。

すると、不思議とB娘が落ち着いて、トラック運転手の彼氏ができて、結婚。
でも、新居で生活を始めるとB娘夫婦にケンカがたえなくなる。

で、もっかいA婆をたよると、実はもっと昔の先祖が馬を頃してたってことで、馬のぬいぐるみを燃やして祈る。
馬ではうまくおさまらなかったらしく、B娘夫婦は別居→離婚。



これはそもそ先祖が住んでた土地が昔は戦場だったせいってんで、武士40人くらいがいるっつーて、人形40体つくって燃やして。祈り燃やし一件あたりウン万のお金かけて、ぬいぐるみは全部B婆手作りでさ。

普通に考えるとカモられてるとしか思えないんだが、B婆的には娘の幸せとか自分の先祖の因果を残したくない思いとかで必死だったんだろうね。
結局B娘は離婚しちゃったけど、B婆はすっかりA婆信者になって、A婆助手的になって、ひたすらぬいぐるみ作りにいそしんでたみたい。

あるとき、B婆が会いにきて、母親に言った。

「A先生が、母親さんの乳にシコリが見えたって言ってるの」

だから何だかかんだかで一緒に来て金出して祈れってことらしい。
母親は怒ってB婆を追い出し、以降付き合いが疎遠になった。

その後引っ越ししたんでABがどうなったかは知らん。
あれから20年くらい経つけど、母親は元気。