被害者の親友から聞いたストーカー殺人事件が起こるまでの被害者の子の話。
地元の会社に勤める被害者の女子は後に加害者になる新人の教育係になった。

相手は彼女の父親くらい年の離れた独身男性で、そいつが彼女に教わって一週間もしないうちにプロポーズしてきた。
勿論彼女は断ったんだけど男はしつこく迫ったらしく、親友に相談していたらしい。
職場に隠れて付き合ってた彼氏にも相談していたんだけど、そいつは

「モテるなお前w」

とか言って、全然助けようとせず使えない。
セクハラ受けていると上司に相談しても笑って流される。

上司はセクハラの話を歪曲してパートさんとか他の社員に面白おかしく吹聴して『二人の事を夫婦だ』とか『アベックだ』とか、からかいの対象にした。
飲み会の場とかでも男に

「女は照れ屋だから断ってても嬉しがってる」

って言って二人を盛り上げさせようとする輩もいたのに彼氏は依然知らん顔。
その辺から男は調子にのって帰り道は待ち伏せるし、家にラブレターやらプレゼントやら送りつけたりしてやがて彼女は鬱になり会社に行けなくなった。
その頃には彼氏とは自然消滅したらしい。



後で発覚したことだけど、ストーカー男は会社の連中には、

「自分と彼女は正式に付き合ってて。彼女が落ち込んでいるから励ましに行ってる」

と言って上司もそれを信じて男に皆からの励ましの伝言を頼んでたらしい。
その時にずっと相談受けていた子も

「警察に行こう」

と説得して彼女も承諾した。
でもやっぱり気が引けたのか警察に行く前に会社に警告するって話になったんだ。

会社のトップにこれまでの事は全て男の虚言で付き合ってもいないし、男がやっていることはストーカーだと。
何度も直属の上司に相談しても話を取り合って貰えなかった。と
これ以上この会社に居られない、然るべき場に報告させてもらうって。

そしてやっと会社も動き始めて、上司は格下げ、ストーカー男は上層部から詰め寄られると、誤解をされたとかなんだとか騒いで彼女の家に凸してきたり。
彼女が逃げ込んだ実家にも花束持って凸してきて門前払い。
暫く会社と男との騒ぎは続いたけれど男は突然来なくなった。

それから彼女は訴えを取り下げて退社する。
長いこと鬱とパニック障害に悩まされながらも色んな人に助けられて回復し、別れた彼氏ともちょくちょく会うようにもなった。

その彼氏も聞いた話によると彼女に対して結構酷い事を行ってたらしい。
早く言ってしまえばモラハラつーのか、地元で二人を見かけた事があって声かけたが余り良い印象ではなかった。
彼女は愉しげに俺と話していたけど、彼氏は始終彼女の事をバカにするような発言をしていたのを覚えてる。

それから働けるようになるくらいまで元気になって親友の紹介もあって同じ会社に勤めるようになった。
何かの節目に友人何人かと集まって飲みに行く事になってすっかり回復した彼女も来ていて、ストーカー男の話もぎこちないながらに笑い話にして話していた。
彼氏の事も愚痴ったりしながらも凄く好きなんだとも言っていたりして、色々辛いこともあるけれどちゃんと生きているようだった。

それから一年経つか経たない頃に、通勤途中に待ち伏せしていた男に襲われる。
数日後、自宅から少し離れた国道沿いの林で発見された。
犯人は聴き込みからすぐに見つかり補導された。
世間に報道されたのはこの部分だけ。

告別式に行ったが、誰もが泣いていた。
俺もその一人だ。

ちょっと控えめ過ぎる所があったけれど笑った顔が可愛くて、困っている人がいたらすぐに助けに来てくれるような子だったって最後のお別れの言葉で誰かが言っていたけれど本当にその通りの子だった。
式が終わって帰りがけに、彼氏が顔出したけれど被害者の子の親友が怒鳴って殴って男何人かで止めに入ったりしたっけな。

後からこの話を聞いてどうしようもないやるせない気持ちになったよ。
困っている彼女を助けなかった奴等は今も普通に生きてるし、それどころか自分達は助けようとしたとか心配していたとか言っているようで、話のネタにでもしているのか地元じゃかなり有名な話だ。
何年も経ってるけど今でも現場付近を通ると花が添えてある。