ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いお客様

成人のお祝い

成人のお祝いに来たお客様にまつわる怖い話

成人のお祝いに来たお客様にまつわる怖い話

知人のおばあちゃんは、京都で置屋さん(ゲイシャさんがいるとこ?)を今でもやってる。
そこの芸者さん達がある日、帰って来てこんな話をした。

お座敷に呼ばれて行くと、初老の品のいい夫婦だった。
珍しいなと思っていると、夫婦の間に座布団があって、スーツを着た80センチぐらいの男子の人形が座っている。
ちょっと引いてしまう芸者さん達。

しかし、そこはプロ。
にこやかに挨拶をした。
紳士然としたおじいさんが、

「今日はこの子の成人のお祝いなんです。どうかにぎやかにやってください」

と言った。



この子というのはもちろんその人形である。

「みなさん、奇妙に思うでしょうが、この子は息子なんです。今年で20歳になるので、酒を教えてお祝いをしてやろうと思いましてね。どうか、人間と同じように扱ってやってください」

芸者さん達はちょっとおつむのかげんを疑ったけど、どう見ても医者か会社社長のような紳士だし、ご祝儀もはずんでくれたので、本当に人間のように話しかけ(答えるのはご夫婦だけど)お酌をした。

宴も終りのころ、ご夫婦がトイレに立った。
二人がいなくなると芸者さん達はいきなりくだけて、

「人形相手のお座敷なんて…あほくさ」
「なんや、高級なスーツ着せてから、きしょくわる」
「20歳って、20年もこの人形可愛がってるからえらいぼろぼろやわぁ」

などと言い合った。
そして、ご夫婦が戻って来た。
おばあさんがふと人形を見て芸者さん達を見回した。

「みなさん、私達がいない間にうちの息子をいじめましたね?この子が今私にそう言いましたよ」


コメントを残す