ネットで見つけた人怖話の体験談を紹介していきます!

怖いママ(友)

着物貸し

従姉に着物を貸したときのありえない体験談

従姉に着物を貸したときのありえない体験談

10年くらい前に従姉の子の七五三があった。
7歳次女、5歳長男次男(双子)、3歳三男の4人そろっての七五三だった。

次女の着物は従姉のおさがりで18年前くらいの物。
従姉長女もこれを着た。

でも従姉は一人っ子で男の子の着物はない。
なので親戚に借りる事にしたけど生憎女系族だし、従姉は高校卒業してすぐできちゃった結婚したのでまだ結婚してない親戚ばかりで、私たちの世代で男の子をもつ家は1件のみ。

そこで私たち世代の七五三で着た着物を記念にとってた家から借りる事にしたらしく、我が家にも弟が16年くらい前に着た着物を貸してくれと言われた。
まぁ古いものだし、私たちが男の子を産んだら新しい着物を作るつもりだった母は弟の着物を貸し、別の従姉の家も25年前の着物を貸した。
綺麗に残してあってそのまま私たちの息子も着れそうだった。



着物を借りて帰った日の夜に従姉から

「草履とか足袋とか下着がないんやけど?こまるんやけど。明日持ってきて」

と電話。
着物以外は残してないと先に伝えていたので従姉の母(叔母)に

「着物以外は自分で用意する約束だった」

と電話。
叔母、必要なものを揃えてやり、菓子折りもって謝罪にくる。

汚さないと言う約束なのに水たまりでジャンプしまくりで袴を汚す。
袴の泥について触れるまで謝罪や説明なし。

お参り後すぐに脱がせて食事は洋服で、と言ってたのに

「ごちそうに飛びついちゃってー」

とケラケラ笑い着物を汚しまくった事について謝罪なし。

「クリーニングして返すから貸して」

と言ったくせに

「たたみかたわからーん☆」

と着物を丸めてマックの手提げ付き紙袋に入れて持ってきた。
お礼は10円饅頭(10個入ってて1パック100円)。

「足袋ってクリーニング出したら高くてびっくりー☆クリーニング代頂戴」
「なんで?」

と訊けば

「そっち(貸した方)が足袋用意してくれてたらクリーニング代はいらなかったんだよ?わかるカナ?」

とかわいそうな子を見るように言う。
ちなみに双子は二人とも発達障害なので双子が着た着物はひどい有り様。
うちの着物は3歳児が着たのでまだマシな部類。

クリーニング代は叔母が

「ちゃんと染み抜きして返しなさい!」

と従姉に数万渡してたらしいが

「親戚なんだからクリーニングとかやりすぎ!気楽に貸し借りした方が良いってー☆」

と思いそのまま返してきたそうだ。

後日叔母がクリーニング代もってきたけど、うちは黄色い鼻くそカスとかついた着物なんていらないから捨てた。
いくら20年前の着物で『新品じゃない』とは言えこんな返し方は図々しいと思った。
これ以後従姉に物を貸す親族はいない。


コメントを残す