新婚の頃、旦那のお祖母さんの妹の家に挨拶に行った。
古い大きな家だった。

その時は玄関で挨拶して帰っただけだったが、テレビの音がすごいボリュームだったのが妙に印象に残った。
その時は、耳が遠いのだろうくらいにしか思わなかった。

それから十数年後、そのお祖母さんが行方不明になって大騒ぎになった。
その時初めてその家の中に入って仰天、奥の暗い部屋に知的障害の男性がいた。
お祖母さんは無事に発見されたが、これはどういうことか姑に事情を聞いた。




その男性はお祖母さんの息子で、障害をもって生まれたが、当時の医者に

「10歳まで生きられない」

と言われたため、お祖母さんはその子を学校にも行かせず、ず~っと部屋に閉じ込めて育てていたらしい。
要は座敷牢。

でも家庭教師は雇って家で勉強させてたため、読み書きくらいはできるそうだ。
ところが、10歳になっても20歳になっても死なない。
ついに彼が60を過ぎて、80代の母親のほうが呆けてしまった、ということだった。

それからが大変だった。
呆けたお祖母さんと知的障害息子の二人暮らしの家はゴミ屋敷。

お祖母さんは徘徊しまくり、何度も警察に保護されるが、家に他人を入れるのを断固拒否。
ヘルパーを泥棒呼ばわりして追い出す。

姑の兄弟達で、だれが介護するかで大揉め。
最後に火事をだして、親子そろって強制的に老人施設収容となった。

座敷牢なんて、今の時代にあるなんて思いもしなかった。
お祖母さんの兄弟なんて遠縁だし、旦那も詳しい事情を知らなかったそうだ。
もしお祖母さんに徘徊癖がなかったら、親子そろって孤独死は確実だったと思う。