ある日の放課後、俺は友達のAとKと教室にいた。
するとそこに、クラスでいじめられているMがやってきた。

Mは俺らを無視して、自分の机の中を何やらガサガサし始めた。
K田が言った。

「あいつまじ気持ちわりーよなぁ」
「確かにな」

俺が相づちを打っていると聞こえたのか、Mはこっちに顔を向けた。
そしてこちら側にスタスタと早足で寄ってきた。
AがMの前に出て言った。

「何だよデブ。それ以上寄ると殺すぞ」

キュッ、と上靴が床と擦れる音がした。
その直後、MはAを勢いよく突き飛ばしていた。

よく見たら、Aの頬にはハサミが突き刺さっている。
口内まで貫通していた。

「ギャアアアア!!アアァァァ…」

血まみれであまりの痛さに床で転がるA川。

「な…お前何やってるんだよ!」

俺は叫んだが、M木は完全に目がイっていた。
ギョロリと俺らを睨み、

「やられたら、やり返す、」

などと呟いてた。
結局、その日はそれ以上の事はなく、俺とKは救急車でAを病院に送った後、先生に事情を話し、Mは退学処分となった。




そして数日後、Kの家が燃えた。
幸い家族は無事で済んだそうだが、現場には物的証拠がなく、犯人の特定は難しいとの事だった。

…やったのはMだ。
俺は確信していた。
もちろんKも同じだった。

大体、あいつは何なんだ。
ほんのちょっと、悪口を言っただけであそこまで逆上するなんて。
今までMがいじめられる場面を幾度となく見てきたが、あんなキレ方をしたことはなかった。

そもそも、俺達はどちらかと言えばイジメにあまり関わっていない方だ。
もっと過激なやり方でMをいじめているヤツは他にいくらだっていたのに。

しかし、いくら考えても分かるはずがなかった。
今日は、Kが俺の家に来る。
Mについて警察に話すかどうかの相談をするためだった。

「ピンポーン」

チャイムが鳴った。
やっと来たか、そう思って受話器を取った。

「はい、どなたですか」

相手は無言だった。
俺はもう一度

「どなたですか」

と言った。
相手は小声で答えた。

「Mですけど」

ドア穴から外を見ると、誰かの返り血で真っ赤に染まったMがいた…