フリーター義弟は結婚当初から私に突っかかって来た。

「女は寄生虫」
「男にたかるだけの生き物」

って、共働きだし夜勤手当を入れれば旦那より年収多いくらいなんだけど…
義父母は私に謝ってくれるけど、義弟のことは叱らない。

義父「あいつもしょうがないやつだ」
義母「テっちゃんがごめんね~」

だけ。
旦那も歳の離れた弟に甘くてちゃんと叱らない。

でもそんな義弟が、私達に娘が生まれた途端変わった。
私に暴言を吐くのをやめ、娘をとても可愛がってくれるように。
行事や月イチの食事会にもマメに顔を出して、子煩悩ならぬ姪煩悩になった。

そんな娘が3歳半になった時のこと。
いやいや期を過ぎて可愛い盛りだった。

義実家と行ったお店がとても美味しかったので、なんとなく店名で画像検索したのが始まり。
私達が頼んだのと同じメニューが並んだ画像があった。

コースメニューじゃなく単品を何品か頼んで取り分けながら食べたの。
画像からたどってみたら義弟のアカウントが見つかった。
義弟の実名は出てないけど、アップされてる食事画像が私のSNSと照らし合わせると完全に一致。

私が撮った画像を斜め前から撮った構図で、そこは義弟の定位置。
見慣れた義実家の居間や廊下を背景に、娘の写真もちらほら上がってる(顔は隠れてた)。



100%義弟で間違いない。
問題はそのアカウントでやってる主張。

「女は8~10歳になったら結婚、妊娠していい」
「戦国時代はそのくらいで嫁ぐのが当たり前だった」
「若くして子供を生むのが女の幸せ。10~12歳が女の妊娠適齢期。反対意見はフェミババアの嫉妬」
「男と適齢期の女の出会いをババアが嫉妬し阻害している」
「政府は少子化解消のため、女の結婚可能年齢を8歳に引き下げろ」

誇張なしに『ギャー!!!!!』って叫んだわ。
これと同じような主張をしてる元ヒキの男が教祖みたいな存在で、その取り巻きがそうだそうだと賛成してる状態らしい。

義弟はその取り巻きの一人。
プリントアウトして帰宅した夫に見せ

「義弟と娘は二度と会わせない!反対するなら離婚も辞さない。私には娘を守る権利がある!」

と言った。
夫は今までのデモデモが嘘のように義実家へ迅速に赴き、義両親に

「弟と縁切りする」

と宣言した。
印刷したアカウントの発言と画像を見て、意外なことに『テっちゃんラブ』な義母が激怒してくれた。
義父の方が

「あいつもそのうち大人になるから」

と煮えきらなかった。
でも夫、私、義母に

「甘い!」

と怒鳴られ悄然。
義母は

「なんだかんだ言ってもいい子だと思ってた。私が可愛がってきたテっちゃんはもういない。テっちゃんは死んだものと思う」

とコロっと激変。
信じていた分裏切られた怒りがあったのかな? 
義弟が腰抜かすくらいの怒りようだった。

義弟はアカウント削除、パソコンとデジカメとUSBメモリ没収の上、家を出された。
義父がこっそり援助してるらしいけど、義父も定年して自由になるお金はあまりないから生活費の足しになる程度らしい。

娘には一切会わせてないし今後とも会わせる予定は皆無。
一生関わりたくない。