数年前の話。
親友A(新婦)が結婚する事になって結婚披露宴に呼ばれた。

新郎と新婦は少し歳が離れていたけど(新郎38、新婦24)新婦は本当に幸せそうで、そんな二人を見てじんわり涙を浮かべながら私も幸せな気持ちに浸っていた。
順調に進行していた披露宴もそろそろ終盤に差し掛かったところでお決まりの新婦から両親への手紙。
涙腺崩壊、感動の嵐だった。

そしてその直後にサプライズで新郎母から新婦への手紙と言うものがあった。
会場内が一瞬

「ん?」

と言う雰囲気になるも新婦母はお構い無しで手紙を読み上げる。

新郎母「可愛い新婦ちゃんへ。息子の元へお嫁に来てくれて本当にありがとう。こんなに若くて可愛い新婦ちゃんは息子には勿体ないくらいです」

ここまでは良かった。
ここから先が問題だった。

新郎母「息子には今までの経験を生かして、今度こそ可愛いお嫁さんを幸せにして貰いたいと思います。新婦ちゃん、いきなり17歳と13歳の息子、8歳の娘の母親になるのは大変だと思いますが、どうかみんなを宜しくお願いします。云々かんぬん(詳しい事はよく覚えていないスマヌ)」

新郎母の手紙で新婦側の親族、招待客が騒然とした。
新婦は顔真っ青で、新婦母は倒れた。
新婦父は新郎に掴み掛かる。

新婦父「おいお前どう言う事だ!」

みたいな。
そしたら



新郎母「あら?×2や子供がいる事を承知で結婚するんじゃないの!?」
新婦父「はあああ!!?」

新婦はそんな二人のやり取りを見てパニックになり、泣きながら吐いた。
これじゃいかんと思い、私ともう一人の友人とスタッフで新婦を控え室に連れて行った。

なのでここからは人伝いに聞いた話だが、何でも新郎は新婦に×2や子供が3人もいる事を隠していた。
話すと結婚出来ないかもと思ったらしい。
年齢が年齢なのでどうしても結婚したかったらしい新郎は、家族に

「全部理解してくれる女性が見付かった」

と話していた。
新郎一家は若いのに覚悟のある嫁がくるイヤッホオオウウ!!!状態だった。

子供は元奥さんの所で生活しているが、新郎が結婚を機に引き取る事になっていた(慰謝料や養育費の問題で)。
ちなみに17歳は最初の奥さん、13歳と8歳は二番目の奥さんの子供。

元々新郎に対して良い感情を持っていなかった新婦両親だが、熱心な新郎や新婦が新郎に惚れていた事もあり結婚を承諾。
勿論新郎は×2と子供の事は一切話さず隠していた。

しかし結婚式当日にこの騒ぎ。
新婦父は新郎に殴りかかりそれを止めるのに周りが必死だったとか。

新婦はいきなりの新郎母からの告白が理解出来ずに最初は呆然。
段々理解が出来てきた事で、新郎が一番大切な事を自分に隠していた、もし知らずにこのまま式を進行終了させていたら、入籍していたら…と思ってパニックになったらしい。

当然二人は破談。
結婚費用は全て新郎側が持ち、今回の一件で鬱になった新婦への通院費諸々を慰謝料として払う事に。
その後新郎は

「若い娘さんになんて酷い事を!」

と、親戚一同から絶縁され(家族にも)、費用弁償、元奥さん達への慰謝料や子供の養育費、新婦への慰謝料で破産したとか聞いたけど詳しくは知らない。