私が新婦の友人として参加した結婚式のことです。
新婦は、まぁまぁ美人で飾らない、言いたい事はハッキリ言うタイプ(性格が悪いとかではない)で、それが新郎や新郎親族は気に入っていたそうです。

結婚式当日、挙式は教会。
スムーズに進んでいました。
新郎新婦が指輪の交換をしている時に、まるでテレビドラマのように教会の扉が開き(私は新郎新婦を見ていたので想像ですが)、男の人が

「待った!!」

と叫びました。
みんな振り向きました。

男は新婦の元カレでした。
新郎と出会う2年程まえに別れた人。
どこから結婚式の話を聞いたのか乗り込んできたのです。




「〇〇(新婦名前)、迎えにきたぞ!お前はこう言う演出が好きだって言ってたから、この日を待っていたんだ!」

と叫んでいました。
もちろん、教会のスタッフがとめようとしていましたが、元カレは新婦の名前を何度も呼び続けます。

新郎はアタフタしまくり。
新婦を見たら、ツカツカ元カレの所に歩いて行きます。
新婦は元カレに向かって………………

「あなたとは、とっくに終わってるんだけど。勘違いもいいとこ。いまどき、こんな演出してバカじゃないの。そういうキモイ所が嫌で別れたんだけど…(などと、元カレに向かいぼろくそ10分くらい言っていた)」

元カレは泣きながら、新婦に抱き着き、新婦に拳で殴られた。

『元カレが不幸な結婚式だなぁ』

と思った。
新婦は何事もなかったように、バージンロードを新郎の所へ歩いて行った。

招待客はみな拍手!
新郎も新婦に

「俺は間違ってなかった。〇〇と結婚できてよかった」

と。
私的には、

『新郎も新郎親族もこんな嫁でいいのか』

と思った結婚式でした。