俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。
中学時代、一緒に海に遊びにいったら水死体を見つけた。
その時すでに5回も人の死体を見たことがあったそうだ。

まあ、中学生男子は誇張してなんぼの世界だから、すげーなんて言いながら半信半疑だった。
でも、それから先も俺が知ってるだけで7、8回不慮の死に遭遇してる。

普通、人の死に立ち会うなんてそうそうないだろ?
やつは死神の生まれ代わりなんじゃないかと思えるほどだ。
そうと思える事件に奴と二人で遭遇したことがある。




塾の帰り、奴と二人で三鷹駅の2番線ホームで電車待ちしてたとき、忘れもしない1997年5月の水曜。
前に、中肉中背のサラリーマンが立っていた。

確か、雑誌でも読んでたんだと思う。
電車が入線するアナウンスが流れてもサラリーマンに異変はなかった。

でも、電車がホームに入ると思われたその時、突然サラリーマンが後ろを勢いよく振り向き、友人を凝視したかと思うと、まるでそのままの体勢で誰かに押されたかのように横に硬直した姿勢で倒れた。
その先はよく覚えてないが、ガーンという音と、ブレーキ音。
それだけだった。

なぜ、サラリーマンは背後に目をやったのか、どうしてあんな不思議な態勢で飛び込んだのか、不思議だが、友人が関係してるのではないかと思わざるえなかった。
やつとは今でも交流はある。

結婚して、子供も生まれて幸せに生活してるらしい。
しかし、いまだ2年に1、2回のペースで死体に遭遇してるらしい。