小学校の時に転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。
家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。

お袋さんは2、3回見たことがあるけど優しそうな人で、そんなに不幸そうではなくて普通に明るい奴だった。
でも変わってるのは、そいつがどんな真夏でも、絶対に長袖を着つづけていた事だった。

寒がりって訳ではなかった。
夏休み前とか、長袖シャツに半ズボンで学校に来てたし。
あと、プールの授業にも絶対出なかった。



『なにか体にコンプレックスがあるのかな?』

ってようやく気付いて来た頃、クラスの悪ガキ達の間で、そいつをよくからかうようになった。
その長袖シャツを剥ぎ取ろうと、みんなでからかったんだ。

ある日、そいつが無性に怒り出して暴れて、そいつの指が俺の目に入った。
俺は涙がボロボロッと出てきて、他の奴らはそれに感化されてカンシャクを起こして、数人で本気になってそいつの服を剥ぎ取った。
そうしたら、そいつの右腕にヘンな物が…

『うまれてきてくれてありがとう(ハートマーク)だいすきなわたしのあかちゃん○○くん(ハート)ままはとってもうれしいです(ハート)いいこにそだってね(ハート)○○ままより(ハート)』

と、すこし歪んだ刺青が施されていた。
お袋さんの、お手製だったのかな。

そいつは、その後しばらくしてまた転校してしまった。
それから一回も会ってないけど、今はどこにいるんだろう?
今そいつも、俺と同い年の25歳か…