祖父から聞いた祖父の叔父にあたる人の話。
祖父はこの話を自分の父親から聞かされたとのこと。

小さい頃の叔父は、山で遊んでるといつのまにか姿をくらませてしまうことがよくあった子であったそう。
村人総出でいくら捜しても見つからないのだが3日位するとひょっこり家に帰ってくるという。




聞くと楽しそうに

「山のおっちゃん達の所にいた」

といたって元気そう。
それは大きくなってからもしょっちゅうのことで、どんなところで、どういうことをしてきているのか家人が尋ねても『山の人』たちとの約束で言える事と言えない事があるそうで、すべてを語ることはなかったという。
それでも普通の人が聞けば不思議な話ばかりだったという。

どうやって行っているかというとある大木のまわりを『山の人』の後ろについて、一周していると突然『山の人』たちの居住している世界へ入っているとのこと。
30歳位の時

「わしは36歳の〇月〇日に死ぬ、でもそれは他の人達の死と違うてお山の親方んとこへ修行に入るんじゃから悲しまんでもエエ」

といい事実、その歳のその日に静かに息をひきとったそう。