里帰り出産した産婦人科での話。

病室の入り口に、名前が書いてあるプレートありますよね?
出産した産婦人科では、母親の名前の隣に、赤ちゃんの名前が決まり次第書かれるようになってた。

私がいたのは大部屋(四人部屋)で、二日目から母子同室。
同室になったママさん達に挨拶すると、みんなカンジのいい人ばっかりでホッとしていた。

ところが、我が子の名前がプレートに書かれ赤と同室になった途端に、態度が急変したママさんがいた。
理由は簡単。

『私の赤がアフリカ人とのハーフだとわかったから』



『田舎だから珍しいのかもしれないし、ちょっとした偏見持ってたりするのかなぁ…』

なんて思って、私自身もそんな態度を取られても、

『いつものことだからそんな人はスルーすればいいや!』

って、開き直ってたのが、更にそのママさんの気に触ったらしい…
私がベットに赤と一緒にいるのをわざわざ確認した上で婦長さんと助産師長さんを呼び出し、

「アフリカ人の子供と同室なんて信じられないっ!アフリカ人なんて、野蛮で汚いし、人間すら食べるっていうじゃない!今すぐ部屋変えて下さい!それが無理なら転院させて下さいっ!」

と、口角に泡を飛ばしながら大声で怒鳴り出した。
その時は驚くことしかできなかったけど、後になって悔しくて泣いた。

結局、そのママさんは別室に移動。
病院側もいろいろ配慮してくれたらしく、沐浴や退院指導などはそのママさんと一緒にならないようにしてくれた。

それでも、授乳室や食堂でも顔を合わせることもあったが、その騒動のせいかそのママさんは常にポツンだった。