随分前のことになるけれど、いきなり知らない女の人からの電話が家電にかかってきた。
私の本名を名指しにして取り次げと言い、本人だと私が名乗ると、

「○○(PN)というのはあなたですね?男同士のイヤラしい本出してるんでしょう!?」

二次本のタイトルまで羅列された。
死ぬかと思った。
あげくに

「息子を返してください!」

意味わかりません。
よく聞くと、なんでも家出した息子さん(高校生)が、私の数字本を机の引き出しに大量に隠していて、母親はその本を見てなぜか『息子はこの人にそそのかされて家出した』と解釈したらしい……。

本には住所も電話番号も当たり前だが記していない。
なぜ彼女が私の家に電話できたのかがそもそも分からない。
それを聞くと、

「探偵に依頼して調べた」

とのこと。
え、て事はもしかして、私はイベントから後をつけられてたんですか…!?



いかに息子さんが賢いいい子であったか、(確かにいい高校だった)自分がいかに息子を大切に育ててきたか、そして、彼が自宅の金を持ち出して、(母親の脳内では私に貢いだことになっていた)それを家族がとても困ってるかということを滔々と語られた。

知らねえええ!
さっぱり噛み合わない押し問答の末、

「じゃあこれからもあなたをつけさせます!いいですね!」
「好きにして下さい!痛くも痒くもありませんから!」

で、こっちも電話を叩き切ってしまった。
本当に思い当たる事はまったくなかった。

その後、家出少年と母親がどうなったのかは知らない。
しかし、しばらくは身辺がちょっと恐かった。

ウチが父子家庭な事まで知ってたので。
親父が電話取らなくてよかった……orz