小学校1年の時に病気で入院して、夜中病棟で毎晩のように泣いてた。
泣き始めるとすぐに看護婦さんが来てくれて、寝付くまで一緒に居てくれた。

名前が『ハセベさん』と言って、若くて可愛い人で、子どもながらに自分はその人の事を好いてた。
半年程入院生活が続いたけど、毎晩のように僕は泣いてしまい、毎日泣き始めるとすぐにハセベさんが駆けつけてくれてた。

無事手術も終えて退院する事になった日に、ハセベさんは居なかったんだけど、母に

「ハセベさんに宜しくお伝えください」

と、婦長さんに伝えてもらった。




自分が高校生になって、その病院の内科に行く機会があり、ついでと思い小児科病棟に寄ったら、当時の婦長さんはまだ現役だった。
当時の事を話しててハセベさんの話になって、婦長が思い出したように話し始めた。

ハセベさんって、当時看護婦でそんな名前の人は居なかったらしい。
はっきり名前も覚えていたし、漢字でも覚えてるし、下の名前も覚えてる。

僕が熱だして泣きじゃくってた日、部屋に現れて手をつないでくれていた日も鮮明に覚えてる。
特徴等を婦長に伝えたけれど、やはりそんな人は居なかったといわれた。