引っ越したばかりの頃、留守電にしばしば変なメッセージが入った。
なんか人の多そうなザワザワした音を背景に、暗いトーンの女の声で

「……あーあ、嫌だ嫌だ…やることいっぱいあるのに…何で私ばっかり…」

みたいな、独り言のような文句をブツブツ呟く声が入ってて、しばらくすると切れる。
当時はナンバーディスプレイとかもまだあまり浸透しておらず、こっちから相手を突き止める術がなかった。



数日に1、2回くらいの頻度でかかってきてガクガクしていたが、ある日

「こちら○○コールセンターの者です。先日間違ってそちら様の留守電へ吹き込んでしまいました。申し訳ございません」

とかいうメッセージが入っていて、なんとなく謎が解けた。
多分、どこかのテレオペの人が間違ってうちにかけてきて、しかも留守電に吹き込まれてるのを知らずに独り言を言ってたんだと思う。

疑問は解決したが、あの暗く恨みがましいトーンの声を思い起こすと、何の仕事にでもあるであろう、客に見せてはいけない裏の顔みたいなものを垣間見てしまったんだなーと思い、ちょっと怖いような気の毒なような気分になる。