いつも人の家にばかり来たがる、近所奥(娘3才)。
先日、家の父が娘(7ヶ月)に、もう三輪車(アンパンマン)を買ってしまったと話した。

近所奥「じゃ、今日、持って帰ってあげるよ。家の娘が使えるし~。」
私「えっ、やだよ。せっかく買ってきてくれたのに。今すぐは乗れないけど、時期がきたら使わせるし。」

近所奥「なんでよ~。しまっておいたらもったいないじゃん。乗る時期になったらちゃんと返すから、心配しなくていいって。」
私「無理だって。父にも悪いし。娘に新品使わせたいし。」



近所奥「なんでよ~。別に減るもんじゃないじゃん。うちの娘、三輪車なくて可哀想だと思わないの?」
私「本当に可哀想だと思うなら、自分で買ってあげなよ。お爺ちゃんが、買ってくれた三輪車、他の子に先に使われちゃったら、家の娘が可哀想だし。」

近所奥「ケチだね~。別に頂戴って言ってる訳でもないのに。なんで、ちょっと貸すくらいだめなの?心、狭くない?」
私  「いいかげんにして。大体、持って帰ってあげるっていうのが、そもそもおかしいし、私は、そんな気全然ないよ。来るたび、何か欲しがられるなら、もう家には上げられないわ。」
近所奥「そんなに、怒らなくてもゴニョゴニョ。家は、お金ないゴニョゴニョ。」

と、言い訳していましたが、

『自分のブランド品買うお金があったら、三輪車くらい買ってやれ』

と思い、普段はヘタレな私ですが、勇気を振り絞って言ってみました。