一年くらい前の事かな。
俺の家は結構田舎の方にあって、夜になると街灯があまり無く、人通りも少なくてそれだけで結構怖かったりします。
近所の(といっても歩いて15分くらい)友人の家に行っていて、その帰り道のことでした。

夜中の一時過ぎくらいだったと思います。
歩きだった俺は近道をしようと、ある神社の敷地内を通ったんです。
すると、

「カツーン」
「カツーン」

という音が聞こえたんです。
まさか、丑の刻参りってやつか…?

怖いのと興味が半分ずつぐらいで、結局、音のする方へ行ってみることにしました。
そーっと近づいていってみると、ぼんやりと地面に置いた蝋燭の光が見えてきました。

その光の中に浮かび上がったのは、人形を木に打ちつけている一人の女でした。
年齢は30くらいのように思えました。

その目は憎悪に満ちているにもかかわらず、無表情なのが恐ろしさを増していました。
俺は怖くなって後ずさりし始めたんです。




そのとき音を立ててしまったんです。
女がこちらを振り向きました。

さっきまで無表情っだったのが、カッと目を見開いて、鬼のような表情をしていました。
俺は走って無我夢中で逃げました。

すると、なんとその女が追いかけてきたんです。
女は何かを口走ってましたが、何を言っていたかはよく覚えてません。
必死になって再び友人宅に辿り着きました。

どうやら、あの女を途中で振り切ることが出来たみたいです。
友人に訳を話して、その晩は泊めてもらうことにしました。

やっと落ち着いて、友人の部屋でくつろいでいると、またもや心臓が止まる思いをすることとなったんです。
ふと、部屋の窓から階下にある通りを見ると、あの女がじーっとこちらを見ていたんです…。

思わず俺は悲鳴を上げてしまいました。
友人と再び窓の外を見たときには女はいなくなっていました。

その後、その女を見かけたことはありません。