学生の頃、一人友達が車を持っててよく深夜にあてもなくドライブしてた。
横浜や都心や色々行きましたが、良く心霊スポットなんかにも行ってた。

いつも野郎4~5人だったんだけど、その中に一人、ちょっと霊感のある友達がいた。
ドライブ中その友達が

「嫌な感じがする」

と言うと、決まってその先にお墓があったり、道路に花が飾ってあったりしていた。

ある夜、みんなで深夜の樹海に行ってみようという話になった。
樹海に近づくに連れ、友達の口数が減り、とうとう気分を悪くしてしまった。

自殺を思いとどまらせる看板が目に付くようになり、みんなで車をおりてはみたものの、その友達の状況を見てみんなそれ以上足が進まなかった。
辺りは真っ暗でやっと目が慣れてきた頃、霊感なんか全くない友達が、いきなり小さな声で

「あっ…」

と言いました。
その声を聞いて、話をしていた僕らはいきなり沈黙…。
他の友達が

「寒いから車に戻ろう」

と言ってみんなで車に戻ったんだけど、車を走らせて樹海から離れるまで、誰も話さなかった。




大きな通りに出てやっと落ち着いたとき、体調不良でずっと車にいた霊感がある友達が

「何見たの?」

ってボソッといった。
僕も一体なんで『あっ』と声を出したのか知りたかった。

みんなきっと同じ気持ちだったんだと思う。
ちょっとジョーダンっぽく

「幽霊みえた?」

とか笑いながら話していた。
でもなんかいつもと違って、その友達はいたって冷静で、いつもの様にジョークにものらず軽く流していた。

地元のコンビ二について少し空が明るくなった頃、みんなでカップ麺をすすりながらいつものバカ話をしていたら、

「さっき見ちゃったんだよね…樹海の中に人影を…かなりはっきり…」

と、言い出した。
地元に戻ったし明るくなり始めていたんで、みんな

「マジで~?」

と余裕で話し始めたけど、霊感がある友達と見てしまった友達は少し浮かない顔だった。

「お前にも霊感?笑える」

とはしゃいでいたら、見た友達が

「あれ多分幽霊とかじゃないと思う。生身の人間だよ。髪型とかからして女の人だと思う」

と言った。
言ってる意味が僕にはわからなかった。

友達もキョトンとしてた。
霊感がある友達が

「うちらの車のライトを見て、最後だし見にきたんじゃない…」

と言ってやっと意味がわかった。

「気づいたときにはどんどん中に入っていって見えなくなって、どうしたらいいかわからなかった…」

と友達が言った。
その日は朝帰りしたのに僕は全然眠れなかった。

あれからしばらくみんなもその話には触れなかった。