俺の体験した怖いというか気持ち悪かった話を。

小学校低学年の頃、団地内の公園で遊んでいた時の話。
友達の一人が公園の隅で鳥の死骸を見つけた。

「鳥が地面に落ちてる!」

みんなで集まって、一人が棒で死骸をつついていたら、通りすがりのオッサンが

「お前らそういうのはそっとしとき」

と、軽いお叱りをして去っていった。



で、棒を持った奴が死骸をひっくり返した。
裏側にはビッシリとへばりつく大量のウジ。。。

驚いて場を離れる俺たち。
そこにさっきのオッサンの怒鳴り声がして、ウジのパニックもありみんな散り散りに逃げた。

少しして公園に戻ったら、先ほどの場所にオッサンの作業着が落ちている。
オッサンが死骸に被せたのか謎だったが、みんな死骸への興味は失せていたので誰も気にしなかった。

翌朝、学校行く前にその作業着をなんとなくめくってみた。
作業着の下には大小たくさんの鳥の死骸があった。。。

下校してみんなで見に行ったら、作業着も死骸も消えていた。
なんで死骸が増えていたのか、誰がそれを処分したのか、いまだにわからない。