俺がつい先日出会った話を聞いてくれ。
住んでた部屋が手狭になったから、新しいアパートに引っ越したんだ。

昨日いちおう荷解きも一段落して、新居の回りでも散策するかと思って歩いてたとき、隣の隣のまた隣ぐらいに、屋根が水色の借家が連立してる一角があってさ、その脇の細い道に入っていったら、ババーがハサミ持って歌ってんの。

「ちょっきん、ちょっきん、ちょっきんんなぁ~♪」

とか言いながら、その辺に生えてる雑草の花を切り落としたり、葉を切ったりしてんの。
鼻水とかヨダレがもう固まっちゃってて、ノド元のシャツなんてガビガビしてるんだわ。

『あちゃー、いかれてる』

と思ったね。
で、あんまり関わらないほうがいいと即座に判断した俺は、露骨にきびすを返して広い通りの方へ戻ろうとしたんだが、気配に気づいて振り返ると、そのババーが追っかけてきてたんだわ。
足引きずってるヤツに追っかけられるのって意外と怖いもんだ。
しかもなんか

「ハヒィー!」

とか口で息しながら、それでも笑ってんの。
でも俺さ、あのバーさん俺に用事でもあるのかと思っちゃってさ、邪険に扱いすぎるのもなぁ…ってそこでむだな優しさを出してみたりしたわけ。

ちょっと止まって、ババー待っちゃったんだよ。
逃げときゃよかったんだけどさ。

そんでババーが追いついて、俺のソデつかむんだ。
俺が

「なにか用ですか?」

って聞いたらさ、

「ちょっきんにゃあ」

って笑いながら俺の指にハサミ入れようとしやがった。

「うわっ!何すんですか!?」

とか何とか言ってババーを振りほどいて逃げたよ。
で、すぐ近くの家に飛び込んで、呼び鈴を鳴らしたんだ。
出てきたおばさんにその話をして、

「警察呼んで欲しい」

って言ったんだわ。
そしたらおばさんが俺の指を見て

「あぁ~、それのせいだわ」

って言うのね。
あのババーは光る物が好きなんだって。
俺はその日、指にでかいターコイズの指輪をしてたんだよ。

「この辺の人はみんな、それこそ子供までそのババーには気をつけてるから、今さら通報しなくても…」

とか言うオバサン。




でもまあヘタしたら指落とされるかもしれないワケだし、危ないことには変わらないじゃん。
だから俺は一抹の正義心から、自分で交番に行って話してみたんだわ。
でも

「まぁ、こまめにその辺を回ってみるようにしますね」

ぐらいだった。
よく聞く話だが、やっぱり警察って何かが『起き』ないと、簡単には動けないものらしい。

その数日後にやっぱり同じ場所にババーがいるのを見たんだが、ランドセルの子供がさ、3人ババーの前にいるの。

『あいつらアブネーな!』

と思ったらそのガキども、ババーに向かって何か挑発するようなことを叫んでるんだわ。

「ババーーーッ」

とか

「ウゼー」

とか

「バババッバーッ」

とかよく分からない奇声もあったりして、とにかくものすげーおちょくってんのね。
ババーはガキどもをジトッとにらんでるだけで、すぐにガキどもは笑いながら逃げてった。
見ていた俺に気づいたガキが仲間内で目配せして

「見てんじゃねぇよ!!」

だってさ。
ものすごく不愉快なもんを見たよ。
なんつうのかな、もうガキじゃなくてチンピラなんだよね。
で、ババーはガキどもがいなくなると、またアレを始めたんだが

「ちょっ…きん…ちょっきん♪ちょっき~ん…」

って結構寂しそうだった。

それだけの話なんだが、とりあえず指を切られそうになったときは、あのためらいのなさに肝を冷やしたよ。
ガキどもも全く悪いって思ってないところが怖いよね。
そのうち『殴ってたら死んじゃった』とかいって人を殺しそうだ。