私、漫画家してるんです。
売れてないですけど。

漫画家というのは、担当編集者に見せるための『こんなお話なんです』っていうあらすじみたいなモノを作るんですが、それを白い大きな紙にいきなり絵で描き始める人もいれば、シナリオ形式で精密に描く人もいるんです。
私はいつもシナリオ形式で描いてます。

私も他の作家同様最初はファミレスでやってたのですが、どうも集中できない。
そこで、ノートパソコンを買ったのを期に、ランタンもって、ホワイトガソリンで湯を沸かすバーナーでコーヒーを作りながら山道の東屋ですることにしたんです。



そこは『広域農道』という奴で、某山の裾野をぐるりと一周している最近できた走っても楽しい道なんです。
途中に石でできた鳥居があって、もう土に還ろうとしている参道が山の中に続いている、そんな所なんです。
作業に集中しちゃえば周りの状況などどうでもいいですし、霊と言われるモノがいても、エロ漫画のネームを練ってる漫画家にはなかなかちょっかいだしにくいようです。

しかしある晩、白い人影のようなものが神社から下りて来るのが見えました。
私はとっさに東屋のテーブルの下に隠れました。

白い着物を着た女でした。
霊かと思いましたが、駐車場に止めてあったカローラに乗り込むと走り去っていきました。

私は、彼女が神社でなにをしていたのか気になって、参道を上がっていきました。
朽ち果てきった境内と思われる場所まで来ましたが、特に何もありません。

『なあんだ』

と、ま、一応お参りをして、振り返り、懐中電灯がもときた道の杉の木を照らした瞬間。
無数に打ち付けてある藁人形の数々が、懐中電灯の明かりが届く限りいろんなところにあるのがわかったんです。
生きてる人間が一番怖いって事で。