知人のAさんは現在還暦で、年を取ってからできたアラサー末娘が可愛くて仕方ないらしい。
少々過干渉すぎるところがあって、結果末娘はニートでオタクに育った。

でも、最近はなんとか自立しようとしているみたいでバイトをしたりしているらしい。
ネックは母親のAさん。
色んな場所で色んな人に娘の事を話しまくる。

「前のバイトは3日でクビになった」
「娘がアニメイトで変な本を買って読んでいた」
「娘の箪笥を開けたらコスプレ衣装が入ってた」
「バレンタインの時期に高いチョコを買って一人で食べていた」

等1つ1つは他愛もない事だと思うけど逐一そんな感じで娘さんも参ってて、買った本等は全部隠すようになったらしい。
それでも探し出して喋る。
アラサーの娘をいつまでも子供だと思っている。
娘さんも何度も〆てはいて、私達も

「娘さんのプライバシーを大事に」

って言ってるけど止まらない。




そんな中つい先日Aさん宅で娘さん交えてお茶をしていた時に

「この間娘と**って映画を見てきたんだけど、内容が過激(性的に)だったのよ。私ハラハラしちゃったわ…娘は意味分からないでしょうけど…」

と始まり、皆唖然としてしまった。
娘さんと同学年の私は現在妊娠中だし、何言ってんだみたいな顔をしてしまったと思う。

娘さんは顔を真っ赤にして

「いい加減馬鹿にしないでよ!」

と怒って自室に籠ってしまった。
私も他の人も

「もうすぐ30になる大人なんだから」

と言うがAさんは

「でもあの子は未経験よ?」

と全く理解していない。
それどころか

「あの子怒るのね」

とのんびりとしていた。
多分コレもどこかで話すんだろうな…。

散々嗜めたり説得したけど、結局何も伝わらなかった。
娘さん、早くAさんから離れるべきだと思うけど共依存っぽくなってるから無理だろうな…。