子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され、親父・母ちゃん・妹は寝室へ行った。
(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
だが厨二病な俺は

「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」

と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時〜1時あたりまで起きてたんだ。

「今日も降霊は失敗か…。」

とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。
なんか下の階で人の気配がする。

親父も母ちゃんも妹ももう寝てる。
(イビキが聞こえるから間違いない)

『これはもしや…俺が降霊術によって呼び出した守護霊か!?』

とwktkしていると階段を上る音が聞こえる。
守護霊を呼び出したはいいが、なんと言って声をかければいいか困った俺はとりあえずベッドに飛び込み寝たふりをした。



すると守護霊が上の階にきた。

「ギィ…」

階段すぐの部屋が開いたな。

「パタッ…。」
「ギィ…」

次は物置き部屋か…。

「パタッ…。」
「ギィ…」

俺の部屋に入ってきた。

『あれ?なんか怖い。こっちの様子を伺ってる気がする。』
『なんか絶対動いちゃダメな気がする。寝たふりしてなきゃ…。』

少しすると

「パタッ…。」

と出ていった。
それから親父達の部屋にも入ったっぽかった。

『みんな気付くな、起きるな、そのまま寝てて!』

とベッドの中で震えながら祈ってたよ。
守護霊が親父達の部屋を出てミシッミシッと階段を降りてった。
そのまま守護霊は玄関のドアを開けて出ていった。

「あれは守護霊じゃない…間違って大怨霊を呼び出してしまってたんだ…!」

と震えた。

『親父達は呪われてないか!?』

とベッドから飛び出し、親父達の部屋に

「みんな大丈夫か!?!?」

と叫びながら入ってった。
親父も母ちゃんも涙やら鼻水やらヨダレやらでグジュグジュになった俺に驚いてた。
親父達に今の出来事を話すと親父は

「寝ぼけてたんじゃないか?」

と言いつつ下の階を見に行くとタンスや引き出しがぐちゃぐちゃに荒らされてたらしく警察呼んだり大事になった。
犯人は別の家でも空き巣をやってたらしくすぐ捕まった。
ナイフを所持してたらしく、寝たふりを続けた俺は親に褒められまくったよw

「よく来たな我が守護霊よ!」

とかやらなくてほんとよかった。