その昔、手を機械で挟んで以来、高速半額なおいらだが、実際にチェックされることなど殆ど無い建前とはいえ、『生活に必要な時』が条件なので通勤用の古い軽自動車のETCを半額登録し、休みの時や遊びに行く時は普通車で正規料金で出掛けていた。

旅行から帰って、次の日に出勤しようと車に乗ってカードを刺そうとしたら機械が無い。
直ぐに警察に届けを出して、数日後、犯人はあっさり捕まった。




近所に住んでいることは知っていたが、

「障害者はゴミ」
「税金をゴミに使われたくない」

などと公言し、小学校に軽い障害者がいると聞くや

「うちの息子を障害者と同じ学校に入れるなんて」

と大騒ぎをしていた女だった。

どこぞで、オイラの軽自動車が高速半額だと聞きつけて、旅行中のおいらの車からETCを盗んで、自分の車に付けさせたらしい。
実行犯の浮気相手の男と遊びに行く途中の料金所で止められ、その場で捕まったそうだ。

示談の話も来たが、その時点で受ければ、被害が回復されたとして起訴猶予も有り得るし、日頃から嫌がらせも受けていたので断った。
執行猶予は付いたが、無罪放免と勘違いしたらしく、その後の示談交渉中に強迫でアッサリ塀の中へ入っていった。